底地(貸宅地)を所有する地主様、底地(貸宅地)を借りる借地人様の間で起こるトラブルには、さまざまなものがあります。
その中でも特に起こりやすいのが、地代や契約に関係するトラブルです。
今回はそれらの中から、特によく起こるトラブルについて解説します。

底地(貸宅地)で起こる主なトラブル~地代関係のトラブルについて~

底地(貸宅地)で起こる主な地代関係のトラブルには、“地代の引き上げに借地人様が納得してくれない”というケースが挙げられます。
地主様が受け取る地代の金額は、基本的に契約が交わされたときに決められた金額となりますが、場合によっては引き上げを検討しなければいけないことがあります。
例えば底地(貸宅地)における固定資産税の額が増えたり、周辺エリアの土地価格が上がったりすると、地主様は経済状況が苦しくなるため、地代を引き上げて負担をカバーしようと考えます。
ただこの際は、何の知らせもせず急に地代を引き上げていいわけではありません。
地主様から借地人様に地代の引き上げを打診し、借地人様が納得すれば地代の金額を引き上げることができます。
ただ借地人様に納得してもらえず、地代の引き上げができないという場合、地主様はどう対処すべきなのでしょうか?

借地人様が地代の引き上げに納得してくれないときの対処法

借地人様が地代の引き上げに納得してくれない場合、まずその引き上げは本当に適切なのかどうかをあらためて確認しましょう。
先ほど、周辺エリアの土地価格が上がったり、税負担が増えたりした場合に、地主様が地代の引き上げをするという話をしました。
このような理由で引き上げをする場合は、借地人様は必ず応じなければいけないといけません。
ただ地主様の個人的な理由で引き上げを行う場合は、借地人様に必ず応じる義務が存在しないため、トラブルが起きやすくなります。
したがって、借地契約に特約を盛り込んでいる場合を除いて、地主様の個人的な理由での地代の引き上げは難しいということを覚えておきましょう。

底地(貸宅地)で起こる主なトラブル~契約関係のトラブルについて~

底地(貸宅地)で起こる主な契約関係のトラブルには、“底地(貸宅地)と借地権の売却に借地人様が応じてくれない”というケースが挙げられます。
底地(貸宅地)には借地権が付いているため、単独での売却には不向きと言われています。
したがって地主様が底地(貸宅地)を売却する場合は、借地人様が所有している借地権と底地(貸宅地)を同時に売却するのが理想と言えます。
ただ底地(貸宅地)と借地権を同時に売却するには、もちろん借地人様の許可を取らなければいけません。
なかなか借地人様が応じてくれない場合、地主様はどう対処すればいいのでしょうか?

借地人様が底地(貸宅地)と借地権の売却に応じてくれないときの対処法

借地人様が底地(貸宅地)と借地権の売却に応じてくれなくとも、地主様は決して強引に話を進めてはいけません。
底地(貸宅地)を売却しようと考える地主様には、何か売却に踏み切らなければいけない理由があると推測できます。
だからと言って、借地人様の意見を尊重せずに話を進めてしまうと、トラブルの発生は避けられなくなります。
まずは底地(貸宅地)の売却に踏み切る理由を借地人様に伝え、その上で借地権も同時に売却すれば売れやすくなることを正直に伝えましょう。
また借地人様がすぐ応じてくれなかったとしても、お互いの意見を尊重し合うことで、折衷案が生まれるかもしれません。

まとめ

底地(貸宅地)で起こる主なトラブルとして、地代関係のトラブル、契約関係のトラブルについて解説しました。
勘違いしてはいけないのは、地主様が土地を貸し出している立場だからと言って、決して借地人様より立場が上だと考えないということです。
しっかりとした契約の上で成り立つ地主様と借地人様の関係は、いかなる理由であっても、地主様の都合だけで悪化させてはいけないのです。


その他、底地(貸宅地)に関する主な記事はこちら…

『底地(貸宅地)と借地の決定的な違いと区別しにくい理由』

『底地(貸宅地)にかかる固定資産税とその他の税金について』

『【供託】地代が供託された底地の借地権は売却出来る?地主の対応は?』

『底地を購入する際の名義は税金にどう影響する?』

『どうしても底地を売りたい人が知っておくべきことは?』

『底地(貸宅地)で起こる主なトラブルとは?②相続関係』

『底地(貸宅地)で起こる主なトラブルとは?③建物関係』

 

こんな記事も読まれています