不動産売買をする際は、できる限り多くの不動産情報、正確な不動産情報を集めることで、理想の売買が成立しやすくなります。
そんな理想の不動産売買に一役買ってくれるのが、“REINS”というシステムです。
今回はREINSの概要と、REINSを利用することによって生まれる売り手、買い手の利点などについて解説します。

不動産売買の際に利用すべき“REINS”の概要

REINSとは、“Real Estate Information Network System”の略であり、国土交通大臣から指定された不動産流通機構によって運営される、コンピュータネットワークシステムのことを言います。
不動産の情報を交換することが目的のシステムであり、特定の不動産流通機構に登録している不動産仲介業者であれば、どこでも利用できます。
したがって、個人によるREINSの利用とは、REINSを直接利用することではなく、“REINSが利用できる不動産仲介業者に依頼すること”だということです。

REINSに掲載されている情報について

不動産売買の際に利用すべきREINSには、不動産に関するさまざまな情報が掲載されています。
具体的には、所在地や最寄り駅、売却価格や面積、間取り、階数などの情報が挙げられます。
特定の不動産仲介業者は、条件を入力して検索することによって、条件に合った不動産の細かい情報を手に入れることができます。

不動産売買の際にREINSを利用することによって生まれる売り手の利点

スムーズに売却が完了する

不動産売買の際にREINSを利用することで、依頼した売り手はスムーズに売却を完了させられる可能性が高くなります。
売り手が所有する不動産情報を、不動産仲介業者がREINSに登録すれば、多くの不動産仲介業者に情報が広まるためです。
多くの不動産仲介業者に情報が広まるということは、それだけ多くの購入希望者が集まりやすくなるということになります。

適正条件で売り出せる

不動産売買の際にREINSを利用すれば、売り手は自身の物件を適正条件で売り出せます。
REINSには、先ほど解説したような情報だけでなく、過去の取引事例なども数多く掲載されています。
したがって売り手は、過去の取引事例を参考にして売却価格を設定できるため、なかなか購入希望者が集まらないという状況は回避できます。

不動産売買の際にREINSを利用することによって生まれる買い手の利点

条件にピッタリの不動産が見つかりやすい

買い手はREINSの利用によって、豊富な選択肢の中から不動産を選べるため、他の方法と比べて自分にピッタリの不動産が見つけやすくなります。

安心して不動産売買ができる

買い手だけに言えることではありませんが、不動産売買の際にREINSを利用することで、安心して不動産売買ができます。
REINSは、宅建業法などに基づいた健全な経営がされている公益法人によって提供されるシステムであるためです。

不動産売買の際にREINSを利用することによって生まれる欠点は?

不動産売買の際にREINSを利用することで、売り手には自身の物件情報が悪用されるかもしれないという欠点が生まれます。
多くの不動産仲介業者に情報が広まることで、購入希望者が集まりやすくなる一方で、情報を悪用される可能性も上がってしまうためです。
先ほど解説したように、REINSは健全な公益法人によって提供されるサービスです。
ただ不動産仲介業者によって、物件の情報を他のウェブページにアップされたり、犯罪に利用されたりという事例は実際に確認されているため、少し不安な面もあります。

まとめ

不動産売買の際に利用すべきREINSについて解説しましたが、理解していただけたでしょうか?
より早く売却したい、より早く物件を見つけたいという方は、ぜひREINSが利用できる不動産仲介業者に依頼しましょう。
ただもちろん、そこだけを見て安易に不動産仲介業者を決定するのは危険です。
物件情報悪用などのリスクを下げるためにも、複数の不動産仲介業者の比較は必ず行うようにしましょう。

 

こんな記事も読まれています