不動産関連の情報やサイトなどをチェックしている際は、“底地(貸宅地)”や“借地”というワードが散見されます。
また不動産の売却に初めて関与する際、ほとんどの方が底地(貸宅地)と借地の違いを区別するのに苦労します。
今回は、底地(貸宅地)と借地の決定的な違いと、区別しにくい理由について解説します。

底地(貸宅地)と借地の決定的な違いについて

底地(貸宅地)と借地の決定的な違いとは、一体何なのでしょうか?
決定的な違いとして知っておいていただきたいのは、底地(貸宅地)が“権利のある土地”、借地が“権利のない土地”だという点です。
底地(貸宅地)は“借地権”が付いている土地であり、土地の所有権はもちろん、この土地を所有している地主様にあります。
底地を持つ地主様は、その土地を貸し出すことで借地人様から地代を受け取ることができます。
ちなみに“借地人”とは、借地権が付いた土地である底地(貸宅地)を利用する方のことを言います。
そして、地主様が借地人様から地代を受け取ることができる権利のことは、“底地権”と呼ばれています。
一方、借地とは何も権利が付いていない土地であり、ただ“地主様から借りている土地”のことを指します。
底地(貸宅地)における借地人様は、その土地の上に建物を建てることができますが、借地の借主はそれができません。
理由は至ってシンプルで、何も権利が付いていない土地であるためです。
わかりやすく表にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

底地(貸宅地) ・権利(借地権)が付いている土地
・借地人様に貸し出すことで地主様は地代を受け取れる
・借地人様は建物を建てることができる
借地 ・権利が付いていない土地
・借主に貸し出すことで地主様は地代を受け取れる
・借地権が付いていないため借主は建物を建てることができない

底地(貸宅地)と借地の違いを区別しにくい理由は?

底地(貸宅地)と借地の違いを少し理解していただいたところで、次はそれぞれを区別しにくい理由について解説します。
底地(貸宅地)と借地の違いを区別しにくい理由は、それぞれをまとめて見る機会が多いためです。
先ほども解説しましたが、底地(貸宅地)には借地権が付いています。
逆に借地権が付いていない土地は、借主がいても底地(貸宅地)とは呼ばれず、借地と呼ばれることになります。
ただ底地(貸宅地)が存在するということは、その土地に必ず借地権があるということになります。
つまり“底地(貸宅地)”というワードが出てくると、必然的に“借地”というワードも出てくる機会が多くなるということです。
これだけ似ているワードを毎回まとめて見ることになれば、それぞれの違いを区別しにくくなることは致し方ありません。
実際に底地(貸宅地)と借地の違いを区別できない方の中には、“それぞれのワードを同じタイミングで見る機会が多い”と感じている方も多いと思います。
それはそのように感じているのではなく、実際に同じタイミングで見ているのです。
ただ今回前述したように、“底地(貸宅地)は権利が付いている土地”、“借地は権利が付いていない土地”だと覚えれば、比較的違いを区別しやすくなるでしょう。
またこれも前述しましたが、“底地(貸宅地)は借主(借地人様)が建物を建てられる土地”、“借地は借主が建物を建てられない土地”と覚えるのも効果的です。

まとめ

底地(貸宅地)と借地の決定的な違い、そしてそれぞれを区別しにくい理由について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
これから不動産売却に関与するという方は、もしもの時に備えて、今回解説した知識を身に付けておきましょう。
また、これからも底地(貸宅地)というワード、借地というワードをまとめて見る機会は多いと思いますが、最初から頭の中で違いを明確にしておけば、混乱することもありません。


その他、底地(貸宅地)に関する主な記事はこちら…

『たとえ底地でも保有していると固定資産税はかかるの?』

『底地の借地権vs抵当権、どちらが勝るのか。』

『【供託】地代が供託された底地の借地権は売却出来る?地主の対応は?』

『底地を購入する際の名義は税金にどう影響する?』

『どうしても底地を売りたい人が知っておくべきことは?』

 

こんな記事も読まれています