不動産の貸借や売買などをする中で、手付金という言葉を聞いたり、実際に支払ったりした事がある方もいるのではないでしょうか。
しかし、場合によっては返還されず、土地を買った人が一方的に損害を被る時もあります。
この際に重要なのが手付金を供託する事です。
今回は、手付金を供託する意義について考えていきましょう。

■手付金と供託の意味は?
手付金とは、契約が上手くいった時に土地代の一部となり、その契約が無くなったならば返還される、非常に重要なものです。

不動産業界での商品は土地や建物が挙げられますが、この過程が複雑なのは想像に難くありません。
複雑な分、今払おうとするお金が何か、またはどのように役立つのか、知っておかなければなりません。
分からないまま色々なものを支払うというのは、不安ですよね。
手付金とは、そして、供託とは一体、何なのでしょうか。

手付金を払う意義は、不動産の契約が成立した事を証明する事です。
その後の支払いの前に払うお金であり、一般的にはその後の代金の一部となります。
また、その契約が解約した場合や売る側が違約した場合には、それぞれ解約手付、違約手付として土地の購入者に返還されます。
しかし、状況によってはその限りではありません。
不動産が倒産したり、買ったはずの商品がなくなったりした時に返還されない場合もあります。

この時の保障のようなものが供託です。
供託は手付金を支払う際に不動産の売る側にではなく、供託所という所に預かってもらう事です。
この手付金の供託によって、返還されないはずだった手付金が戻ってくる可能性が上がる訳です。

もちろん条件によるので必要がないように思われるかもしれません。
しかし、“備えあれば憂いなし”という言葉あるように、人生何が起こるか分かりません。
不動産というその人の人生が左右されるほど大きな金額が動くもので、備えは素晴らしい安心感を得られるのではないでしょうか。

■手付金の供託をするには?
手付金の供託の利点を分かった上で、どのように行うか記します。
供託所に支払うお金を供託金と言いますが、それで使えるのは金銭や証券です。
それらを供託所から誰かに渡すことも必要です。

供託所という言葉を使用していますが、これは国が設定するものなので、幾分か安心できると思います。
手付金が返還されない時に、そこに請求することで供託金が戻ります。
ここで注意が必要なのは、その取り決めに時間が要することです。
余裕を持って契約しましょう。

■まとめ
手付金の供託は手付金の変換がなされない際に重要なものになります。
一生に一度の大きな金額の動きに、転んでも先に付くことが出来る供託という杖を持っておくのも良いのではないでしょうか。

 

こんな記事も読まれています