ターミナル駅

読み たーみなるえき 意味 本来は終着駅を意味するが、今日の日本の都市部では、線区もしくは営業運行上の起終点駅、終着駅でなくとも、営業列車等の集積が見られる駅をターミナル駅と呼ぶのが一般的になっている。また、ターミナル駅の駅舎は、駅舎...

代表者

読み だいひょうしゃ 意味 共有名義の不動産では、共有者全員に固定資産税を支払う義務が発生する。このとき、複数の共有者を代表して、市区町村が行う固定資産税に関する質問や調査などの電話に対応したり、実際に税金を納付したりする人物(共有者...

耐火建築物

読み たいかけんちくぶつ 意味 建築基準において、その主要構造部(壁、柱、床、梁、屋根、階段)が耐火性能を満たし、かつ延焼のおそれのある開口部(窓やドア)に防火戸など火災を遮る設備を有する建築物をいう。この場合に、耐火性能を満たすとい...

タワーマンション

読み たわーまんしょん 意味 明確な定義はないが、概ね20階建て以上でタワー状のマンションのことをいう。建築基準法では、高さ60mを超える建築物については、一般の耐震基準より厳しい基準を設けており、建物の構造耐力についてもより高い水準...

建物保護法

読み たてものほごほう 意味 借地権者が、借地上の建物について保存登記をしておけば、その土地の借地権(賃借権、地上権については、登記をせずとも第三者に対抗できる旨を規定した法律のことをいう。正式名称は、「建物保護ニ関スル法律」という。...

棚卸資産

読み たなおろししさん 意味 販売活動や、一般管理活動により消費される、費用性資産のことをいう。具体的には、商品や製品、仕掛品や半製品、原材料や工場消耗品などが挙げられ、適正な期間損益計算の観点から費用配分が行われる。ちなみに、不動産...

対抗

読み たいこう 意味 私法上の概念で、当事者間で効力のある法律関係が、第三者に対して効力を有することをいう。また、効力を有するための要件を「対抗要件」といい、これに対して、当事者間で効力を有するための条件を「成立要件」という。また、対...

建物譲渡特約付き借地権

読み たてものじょうととくやくつきしゃくちけん 意味 借地権の存続期間を30年以上に設定し、契約期間終了後に地主が借地人から建物を買い取ることで、借地権が消滅する借地契約のことをいう。登記の必要はないが、所有権移転または所有権移転請求...

単独名義

読み たんどくめいぎ 意味 不動産における名義の種類、または不動産を購入した際の名義の登記方法のことをいう。文字通り、購入した1人の名義で登記することであり、例えば、夫の名義で住宅ローンを組んで購入した場合、その不動産の登記名義は、夫...

第二種低層住居専用地域

読み だいにしゅていそうじゅうきょせんようちいき 意味 都市計画で定められた用途地域の1つ。良好な住環境を保護するためを目的とする地域で、第一種低層住居専用地域で認められている、居住専用の住宅、アパート、幼稚園、学校、診療所、一定規模...
タイトルとURLをコピーしました