解体業者

読み かいたいぎょうしゃ 意味 更地の状態で不動産を売却する際などの、建築物を壊す作業を行う業者のことをいう。「解体工事業者」とも呼ばれる。解体業者が行う解体工事の方法はいくつか種類があるが、内装材を除去した後、パワーショベル(重機)...

風通し

読み かぜとおし 意味 住居内の風の通りの良さ、あるいは自然換気の効率の良さのことをいう。一般的に風通しが良いと、夏が過ごしやすい、湿気がこもらない等のメリットがある。風通りを良くする方法には、窓を開けること、家の建っている土地の流れ...

角部屋

読み かどべや 意味 分譲マンション、賃貸マンション、アパートにおける、各階の廊下の端にある住戸、または廊下が屈折している場合に、その屈折部にある住戸のことをいう。角部屋は陽当たりが良く、隣室の騒音の影響を受けにくいなどのメリットがあ...

課税価格

読み かぜいかかく 意味 課税する物件の価格のことをいう。具体的には、相続税における相続財産の価格、固定資産税における固定資産の価格などを指す。相続税の一般的な計算は、まず、相続や遺贈および相続時精算課税の適用を受ける贈与によって財産...

課税対象

読み かぜいたいしょう 意味 税金の支払い対象となる財産のことをいう。相続においては、控除額の範囲内の相続であれば、相続税の課税対象にはならない。また、相続税の課税対象となる財産には、現金や有価証券、不動産や動産、各種権利や事業用資産...

介入権

読み かいにゅうけん 意味 借地人が借地権の売却を検討している場合に、地主が他の購入希望者よりも、優先してその借地権を購入できる権利のことをいう。「先買権」とも呼ばれる。地主が介入権を行使した場合、裁判所が借地権の金額を決定し、借地人...

解体

読み かいたい 意味 建築物を取り壊すことをいう。建築物の老朽化のためや建て替え、災害等で著しく損傷し、修理が困難な場合、建物の使用目的がなくなった場合、道路拡張などのたての立ち退きや行政機関による命令などの理由で行われる。また、歴史...

鑑定評価書

読み かんていひょうかしょ 意味 不動産の鑑定評価に関する法律第39条に基づき、不動産鑑定業者が依頼者に対して交付する文書のことをいう。「不動産鑑定評価書」とも呼ばれる。対象不動産、対象となった権利、鑑定評価額、価格時点、依頼目的、鑑...

課税事業者

読み かぜいじぎょうしゃ 意味 消費税を納付する義務がある法人、または個人事業主のことをいう。原則、事業を営む法人、個人は消費税を納税する義務があるが、基準期間における課税売上高が1,000万円以下の場合で、なおかつ特定期間における給...

片手取引

読み かたてとりひき 意味 不動産取引を媒介としたときの、宅地建物取引業者の成功報酬の受け取り方の1つ。単に「片手」と呼ばれることもある。取引当事者の一方のみから、成功報酬を受け取る場合を指す。例えば、宅地売買において、売り手、買い手...

Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/xs986203/abundance-life.com/public_html/wp-content/themes/abundance/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました