< Back

読み
ゆいごん
意味
人が死亡後に法律上の効力を生じさせる目的で、遺贈、相続分の指定、相続人の廃除、認知などにつき、民法上一定の方式に従ってする単独の意思表示のことをいう。他者による変造等を防止するために、遺言の方式は厳格に法定され、それに従っていない遺言は無効となる。遺言できる法律関係は財産上と身分上に限り、遺訓的なものなどに法律上の効果はない。
不動産を相続する際に起こりやすい揉め事と対処法について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行