底地(貸宅地)を何らかの理由で手放したいとき、売却したいときは、底地(貸宅地)の買い取り業者に依頼するのが一般的です。
ただ、底地(貸宅地)の売却経験がある方はそういないため、ほとんどの方が始めての依頼となるでしょう。
では、底地(貸宅地)の買い取り業者は、一体どこを見て選定すべきなのでしょうか?

特殊不動産に強いかどうか

底地(貸宅地)の買い取り業者を選ぶ際は、まず“特殊不動産に強いかどうか”をチェックしましょう。
特殊不動産とは、再建築不可の土地や市街化調整区域内の土地、事故物件など、文字通り特殊な不動産のことを言います。
なぜ特殊不動産に強い買い取り業者を選ぶべきなのかと言うと、底地(貸宅地)も特殊不動産の1つに数えられるためです。
そのため、特殊不動産の買い取りを積極的に行っている業者は、必然的に底地(貸宅地)の買い取りにも積極的な可能性が高くなります。
買い取り業者の中には、買い取り後の制約が多いことから、底地(貸宅地)の買い取りを敬遠しているところもあります。
したがって、まずはほぼ確実に底地(貸宅地)を買い取ってくれる買い取り業者を選ぶことが大事になるでしょう。

信頼できるかどうか

底地(貸宅地)の買い取り業者を選ぶ際は、“信頼できるかどうか”もチェックしましょう。
これは、通常の不動産会社を選ぶときにも同じことが言えますが、やはり経営年数が長いなどの特徴を持つ業者は、他社よりも信頼性は高いと言えます。
また、特に不動産関連会社は、経営年数の長さが信頼性に直結する業種であるため、ここのチェックを忘れてはいけません。
そして、信頼できるかどうかをチェックするのであれば、経営年数だけでなく、買い取り業者の所在地も確認しておきましょう。
例えば、規模の大きいオフィスビルなどに事務所を構える買い取り業者であれば、必然的に信頼性は高くなりますし、そのビルに入っている他の企業も調べることで、よりその信頼性の高さが正しいものかどうかわかります。

細かい数字を提示してくれるかどうか

底地(貸宅地)の買い取り業者を選ぶ際は、“買い取りに関する細かい数字を提示してくれるかどうか”もチェックするべきです。
細かい数字とは、買い取りまでにかかる期間、買い取る際の最大買い取り金額などを指し、これらを迅速に提示してくれる買い取り業者は、とても信頼できます。
また、底地(貸宅地)を売却する方の中には、何らかの事情で可能な限り早く現金を手に入れたいという方もいるでしょう。
そのため、“現金化できるまでの期間”を提示してくれるかどうかも、重要なチェックポイントだと言えます。
底地(貸宅地)の買い取り業者の中には、数千万円あるいは数億円という大きな売却益であっても、買い取りの翌日などに入金してくれるところもあります。

底地(貸宅地)のプロが多く在籍しているかどうか

底地(貸宅地)の買い取り業者を選ぶ際は、“底地(貸宅地)のプロが多く所属しているかどうか”もチェックしましょう。
これは、買い取り業者が運営するホームページなどにおける、担当者のプロフィールで確認することができます。
SNSのアカウントなどを持っている業者であれば、そちらでも確認できますね。
底地(貸宅地)に特化したプロの担当者は、適切な相場感覚や特殊なケースに対応できる経験を持ち合わせており、とても心強い存在となります。
また、一般的な不動産会社が買い取れないと判断した底地(貸宅地)であっても、底地(貸宅地)のプロに調査してもらった結果、買い取り可能な物件であったというケースも、少なからず存在します。

リスクやデメリットも説明してくれるかどうか

底地(貸宅地)の買い取り業者を選ぶ際は、“リスクやデメリットも説明してくれるかどうか”のチェックも重要です。
例えば、借地人様と地主様の契約内容や、底地(貸宅地)の状況などによっては、買い取りがスムーズに進まないかもしれません。
また、そんなとき、このまま買い取り業者に売却することにはどんなリスクがあるのか、どんなデメリットがあるのかについて、曖昧ではなく具体的に説明してくれる買い取り業者は、とても信頼性が高いです。
買い取り業者の目的は、底地(貸宅地)を買い取った後に再び売却したり、活用したりして利益を得ることです。
そのため、本来であれば、買い取りのリスクやデメリットを地主様に伝えることは、買い取り業者にとってあまり良いことではありません。
それをも顧みず、リスクやデメリットを説明してくれる買い取り業者は、“買い取り業者のため”ではなく、“地主様のため”の売買を成立させようとしていることがわかります。

専門用語を多用しないかどうか

底地(貸宅地)の買い取り業者を選ぶ際は、“専門用語を多用しないかどうか”もチェックするべきです。
冒頭でも触れたように、底地(貸宅地)の売却経験があるという方は少なく、ほとんどの方が初めて買い取り業者に依頼することになります。
そのため、買い取り業者に専門用語を多用されると、なかなか話について行けない場合が多いです。
また、その場でわからないことを質問できればいいですが、そのままなんとなく買い取りを進めていってしまった場合、地主様の想像とは違う売買が成立してしまう可能性も否めません。
そのため、買い取りを選ぶのであれば、底地(貸宅地)の売却初心者の方でもわかりやすいように、マイルドな言葉を使って説明してくれるところを選びましょう。

極端に悪い口コミがないかどうか

底地(貸宅地)の買い取り業者を選ぶ際は、1度口コミサイトを一通りチェックし、“極端に悪い口コミがないかどうか”も確認しておきましょう。
評判の良い買い取り業者の多くは、良い口コミが大半を占めています。
また、中にはもちろん悪い口コミもありますが、“この業者は悪徳業者です”といったような、極端に悪い口コミがなければ、比較的信頼できると言えるでしょう。
もちろん、口コミにはいわゆる“サクラ”がいる可能性もあるため、あくまで参考程度に留めておくべきですが、少しでも依頼を検討する買い取り業者について知りたい場合は、必ず目を通しておくべきです。

要望を積極的に聞いてくれるかどうか

底地(貸宅地)の買い取り業者を選ぶ際は、“要望を積極的に聞いてくれるかどうか”もチェックしましょう。
これは、実際地主様が買い取り業者に足を運び、底地(貸宅地)売却に関する相談をする際にチェックすることです。
底地(貸宅地)の買い取り業者とはいっても、やはり地主様の要望を詳しく聞かないことには、理想的な売買は成立させられません。
地主様がどうしたいのか、底地(貸宅地)の状況はどうなのかなどによって、理想的な売買の形は変わってきますからね。
そのため、相談に行ったとき、こちらの要望を聞く前に、“買い取りありき”で話を進めるようなところでなく、地主様がどうしたいかを聞きながら話を進めてくれる買い取り業者を選びましょう。
買い取り業者に直接足を運ぶ地主様全員が、その時点ですでに底地(貸宅地)の売却を決めているとは限りませんからね。

まとめ

ここまで、底地(貸宅地)の買い取り業者を選定する際、どこをチェックすべきなのかについて解説しました。
今回解説したポイントをすべてクリアしている買い取り業者は、地主様の願いをきっと叶えてくれるでしょう。
逆に、少しでも信頼できないと感じる部分がある買い取り業者は、早めに選択肢から外しておくことをおすすめします。