底地(貸宅地)に住居を構えて生活している借地人様が、地主様から底地(貸宅地)を買い取るというケースがあります。
このように、底地(貸宅地)を買い取る場合、借地人様には、ぜひ住宅ローンを利用することをおすすめします。
その方が、借地人様にとってお得な買い物になるためです。
詳しく解説しましょう。

底地(貸宅地)を買い取る際に住宅ローンを利用することの利点とは?

底地(貸宅地)を買い取る場合でも、通常の土地を買い取る場合と同じように、住宅ローンを利用できます。
また、底地(貸宅地)を買い取る際に住宅ローンを利用する利点としては、“リーズナブルな価格で土地を購入できる”ということが挙げられます。
住宅ローンを利用する際は、購入する土地と建物の価格に応じた借入を行います。
借地人様は、借地権という形で、更地価格の約6~7割程度の権利をすでに有しているため、新しく通常の更地を購入するよりも、底地(貸宅地)を購入する方が、はるかに安く購入できるのです。

子に底地(貸宅地)を継がせたいのであれば子と連携している住宅ローンがおすすめ

借地人様が地主様から底地(貸宅地)を買取り、その底地(貸宅地)を将来子に引き継がせたいという場合は、子と連携しているタイプの住宅ローンを利用しましょう。
子と連携しているタイプの住宅ローンには、“親子リレーローン”と“親子ペアローン”が挙げられます。
親子リレーローンとは、親子二世代で1つのローンを利用するというタイプのことで、このタイプであれば、親である借地人様は、年齢を考えずに住宅ローンを利用できます。
借地人様が可能な限り返済した後、残ったローン残債に関しては、子が返済していくためです。
したがって、借入の際には、子の年齢、返済期間、年収などをしっかりチェックされます。
また、親子ペアローンとは、借地人様と借地人様の子が別々にローンを利用し、相互に連帯保証人となって、同時返済していくタイプのことを言います。
このタイプは、借地人様の利用に多少の条件が伴いますが、借地人様だけでは底地(貸宅地)を買い取るための借入ができなくても、子が借り入れる金額と合算することが可能です。

地主様から打診されたら、迷わず買い取るべき!

借地人様から、地主様に「底地(貸宅地)を買い取りたい」と依頼するケースもあれば、何かしらの理由で、地主様の方から「底地(貸宅地)を買い取らないか」と打診されるケースもあります。
もし、地主様から底地(貸宅地)の買取りを打診されたのであれば、迷わず住宅ローンを利用し、買い取ることをおすすめします。
毎月返済するローンの金額を考えると、買い取らずそのまま借地として住み続ける方が良いと思うかもしれませんが、住宅ローンをすべて返済すれば、自分の土地が手に入るため、決して悪い買い物ではありません。
また、子がいる借地人様にとっては、非常に価値のある相続財産を確保できることにもなります。
地主様から底地(貸宅地)の買取りを打診されるという状況は、そう何度も訪れるものではありません。
したがって、現時点では底地(貸宅地)に必要性を感じていなかったとしても、1度ゆっくり考えてみましょう。
借地人様自身で考えても答えが出ない場合は、家族や不動産会社などの専門家も交えながら、熟考した上で決断することをおすすめします。

まとめ

ここまで、底地(貸宅地)の買取りと、買取りの際の住宅ローンの利用について解説しました。
住宅ローンを利用してでも底地(貸宅地)を購入することで、借地人様にはさまざまな利点が生まれます。
また、底地(貸宅地)の買取りを地主様に打診された場合は、たとえあまり関心がなかったとしても、“買いたくても買えない人がいる”ということを忘れず、前向きに買取りを検討するべきだと言えます。

 

こんな記事も読まれています