特に利用していない土地を所有していても、税金などの経費が掛かるのでどうにかしたいと、土地の活用方法を考えている地主様は多いでしょう。
その時の活用方法としてよく選ばれるのが、駐車場です。
土地を駐車場にした場合のメリットや、注意点などを知っておきましょう。

どんなメリットがある?

所有している土地を活用したいと考えた時、その方法にはいくつもの種類があります。
人に貸すことはもちろん、アパートを建てたり売却したりすることもできますが、その中でも駐車場として活用することのメリットとは、どのようなものでしょうか?

駐車場には、月極と時間制のコインパーキングがありますが、どちらも同じようなメリットがあります。
ただ、立地によってどちらの方がより多くの利用者がいるか、という点が異なります。

メリットとしてまず挙げられるのが、あまり初期費用が多くない、という点です。
駐車場の場合、たとえ土がむき出しの状態でも貸し出すことができ、設備を整えるとしてもコンクリートやアスファルトで覆い、線を引くだけです。

コインパーキングの場合は、個人で行うよりもコインパーキングの運営会社に土地を貸し出すサブリース方式での運営が一般的なので、その場合は何の資金も必要ありません。
いずれにしても、アパートを建てて貸し出すよりもかなり初期費用は少なくなります。

また、土地をそのまま置いているだけでは何の収入にもならず、毎年税金を納めなくてはいけないだけですが、駐車場にすることで毎月安定した収入を得ることができます。
特に、サブリース方式の場合は運営会社から毎月賃料が入金されるため、借りる人が見つからなくても収入になるでしょう。

駐車場の場合、土地の広さに合わせて利用できる車の台数が決まるので、あまり広くない土地であっても活用できます。
それほど広い土地も必要なく、車を最低1台置けるスペースがあれば始めることができるのです。

また、駐車場の場合は管理をするといってもそれほど業務内容が多くありません。
特に、サブリースの場合は運営会社に管理も委託することができるので、特にこれといってやることはないのです。

自分で管理する場合でも、時折掃除をしたり、雪が積もる地域なら冬は雪かきをしたりする必要はあるでしょうが、それ以外には特に何もありません。
アスファルトの状態や駐車スペースを区切った線なども、数年単位で劣化するのでそうそう補修などは必要ないのです。

一度空き地に建物を建ててしまうと、違う用途に利用したいと思ったときには解体から始めなくてはいけませんが、駐車場なら更地に戻すのも簡単という点もメリットです。
売却するために更地にしたい、という時でもそれほど大掛かりな工事は必要ないでしょう。

特に利用していない土地を駐車場にする場合は、このようなメリットがあります。

駐車場の種類

駐車場の種類は、1つだけではありません。
その種類と特徴について知っておき、自分の土地に合うタイプの駐車場について考えてみましょう。

まず、一般的なものとしては、平地をそのまま整備した平面式といわれるものです。
舗装して線を引くだけなので、何かを建てたりする必要もなく非常にシンプルな形式です。

平面式の場合、特に法律で手続きが定められているということもないので、短い期間で運用をスタートすることができます。
ただし、拡張しようと思った場合は土地の広さそのものを増やすしかないので、土地を新たに購入するしかありません。

平面駐車場に対して立体駐車場というものもありますが、立体駐車場の場合は機械式と自走式の2種類に分かれます。
土地によって、どちらを選ぶべきかが決まってくることが多いでしょう。

機械式の立体駐車場というのは、車両運搬用の機械に車を乗せることで、自動的に駐車スペースへと運ばれていくタイプの駐車場です。
スライド、もしくはエレベーターなどを使って運ぶことになるので、地上に限らず地下のスペースを活用することもできます。

たとえ土地の面積が狭くても、駐車場の高さによって多くの台数を置けるだけの駐車スペースにすることができるのですが、建設費用はかなり高額となりやすく、また定期的なメンテナンスも必要となるので維持管理費もかかってくるという点がデメリットとなるでしょう。

自走式の立体駐車場は、駐車場を複数の階層に分け、運転手が駐車スペースまで自走していくタイプの立体駐車場です。
大型のショッピングセンターなどに行くと、このタイプの駐車場となっているところが多いため、イメージしやすいでしょう。

このタイプの駐車場は、階層を増やせばそれに応じて駐車できる台数を増やすことができ、また機械式の立体駐車場と比較してエレベーターなどの設備も必要がない分、建設費用も安価です。
ただし、建物内を車が走行するため、土地の広さはある程度広くなければいけません。

駐車場の中でも、このような違いがあります。
自分の土地に適しているのがどのタイプなのか、よく考えたうえで予定を立てていく必要があるでしょう。

どんなことに注意したらいい?

それでは、土地を駐車場にする際は、どのようなことに注意するべきでしょうか?
駐車場を運営する際に、注意するべきことを覚えておきましょう。

まず確認するべき点は、そもそもその土地が駐車場に向いている土地かどうか、ということです。
駐車場として利用できる土地は多いのですが、なかには駐車場にはできない土地もあるのです

駐車場にするならば、道路に面していることが必須であり、かつ道路と土地が接している部分の高低差がそれほどないことが条件となります。
そもそも道路に接していない土地では出入りする場所を確保することが困難であり、また道路との間に段差があると出入りの際に車を傷つける可能性があります。

中には、階段ほどの段差があるような土地もあります。
そのような土地であれば、出入り口の部分が坂になるような工事をするか、もしくは段差を埋める必要があるでしょう。

コインパーキングであれば、運営会社に土地を貸し出してお任せするだけなので、一見、何も気にすることがないように思えるかもしれません。
しかし、コインパーキングを運営する会社がどのようなところか、という点については気にしたほうがいいでしょう。

土地をサブリースで貸し出したとしても、その土地の所有権はあくまでも皆さんにあるので、それを借りている運営会社とは長い付き合いになります。
その付き合いは、土地を駐車場として造成したら途切れるものではなく、その後も続いていくのです。

運営会社を選ぶ際は、その会社の運営実績にまず目を向けると思いますが、それだけではなく担当してくれた人物の人柄なども考慮しましょう。
相談しやすい人柄の担当者で、契約書や収支計画表などを提示されたときもその内容を吟味して、信頼できる会社かどうかを判断するようにしましょう。

まとめ

土地の活用方法を考えた時に、駐車場という選択肢は手軽に思えるかもしれません。
しかし、ただ駐車場として空いている土地を貸し出せばいいというわけではなく、いくつか確認するべき点や、どのような駐車場にするかという点などを考えなくてはいけません。
駐車場といってもいくつかの種類があるので、その土地にあった活用方法を選ぶようにしましょう。