伊達政宗ゆかりの地として有名な仙台市を中心に、毎年多くの観光客が集まる宮城。
そんな東北地方屈指の観光地である宮城における地代相場は、果たしてどれくらいなのでしょうか?
今回は、最新の宮城の土地価格を基に、地代相場が高いエリア、低いエリアにおける地代相場をそれぞれ算出していきたいと思います。

宮城の地代相場の算出方法

今回算出する宮城の地代相場は、土地価格×期待利回り+固定資産税・都市計画税という計算式(積算法)で算出します。
期待利回りを具体的に弾き出すのは難しいため、今回は“2%”という数字を代用します。
また固定資産税・都市計画税も日々変動するため、3,000万円の土地価格に対して10万円程度かかるということを考慮して、今回は“土地価格の0.33%”という数字を当てはめます。

宮城の地代相場が高いエリアについて

まずは、宮城の地代相場が高いエリアについて見ていきましょう。
宮城の土地価格が高いエリアを知れば、必然的に宮城の地代相場が高いエリアがわかります。
2019年現在、宮城の土地価格が高いエリアトップ10は、以下のようになっています。

順位

エリア

地価平均(1㎡あたり)

1

仙台市青葉区

386,176

2

仙台市若林区

138,394

3

仙台市宮城野区

12518

4

仙台市泉区

86,759

5

仙台市太白区

82,843

6

多賀城市

56,450

7

名取市

54,700

8

富谷市

45,700

9

利府市

39,710

10

七ヶ浜町

39,566

参考:宮城県 2019年(平成31年) 公示地価
https://tochidai.info/miyagi/

仙台市の各区は、すべてが宮城の土地価格が高いエリアの上位にランクインしています。
仙台市の平均土地価格が20万円を超えているということを考えると、いかに他のエリアと比べて仙台市内の土地価格が高いかがわかります。
ちなみに宮城で1番土地価格が高いエリアは、仙台駅がある仙台市青葉区です。
では、そんな仙台市青葉区の地代相場を算出してみましょう。

38万6,176×0.02+1,274=約8,998円

宮城でもっとも土地価格が高いエリア、仙台市青葉区の地代相場は上記の通りです。
仮に10㎡の底地(貸宅地)を貸し出す場合だと、地代相場は約89,980円ということになります。

宮城の地代相場が低いエリアについて

宮城の地代相場が低いエリアは、当然土地価格の低いエリアです。
まずは、宮城の土地価格が低いエリアトップ10を見ていきましょう。

順位

エリア

地価平均(1㎡あたり)

1

七ヶ宿町

4,205

2

色麻町

9,123

3

山元町

11,966

4

川崎町

12,833

5

大郷町

12,850

6

丸森町

13,466

7

蔵王町

13,943

8

村田町

14,400

9

登米市

14,844

10

栗原市

16,580

宮城の1㎡あたりの土地価格は、仙台市内以外はすべて10万円を下回っており、特に低いエリアになると、上記のようにほとんどが10,000円台、または10,000円以下になります。
中でも群を抜いて土地価格が安いのが、宮城の南西部、刈田郡に位置する七ヶ宿町です。
では、そんな七ヶ宿町の地代相場は、一体どれくらいなのでしょうか?

4,205×0.02+14=約98円

宮城でもっとも土地価格が低い七ヶ宿町の1㎡あたりの地代相場は、なんと100円を切るという結果になりました。
この数字を見るだけで、七ヶ宿町の地代相場が安いことは一目瞭然だとは思いますが、仙台市青葉区の地代相場と比較すれば、なおさら安いことがわかるでしょう。

• 仙台市青葉区:約8,998円
• 七ヶ宿町:約98円

ちなみに、上記の2つの地代相場を合計して割ることで、宮城全体の1㎡あたりの地代相場の目安となる数字が算出できます。
その金額は以下の通りです。

(約8,998+約98)÷2=約4,548円

まとめ

宮城の地代相場が高いエリア、低いエリアにおける地代相場をそれぞれ解説しました。
宮城において圧倒的に地代相場が高いのは仙台市内ですが、それ以外のエリアに関しては、それほど大きな差がありません。
つまり仙台市内以外のエリアは、ほとんどが地代相場の安いエリアだということです。
宮城の地主様、または借地人様は、自身が契約している底地(貸宅地)の地代が適切かどうか、1度確認してみましょう。

 

こんな記事も読まれています