名産・特産品が豊富で、観光地として非常に人気が高い福岡。
そんな福岡において、底地(貸宅地)を貸し出す場合、または底地(貸宅地)を借りる場合、地代相場は一体どれくらいなのでしょうか?
今回は福岡の土地価格を基に、地代相場が高い地域と低い地域をそれぞれ解説していきます。

今回解説する福岡の地代相場について

今回は土地価格に期待利回りをかけ、そこに公租公課をプラスする“積算法”を用いて、福岡の地代相場を算出したいと思います。
期待利回りは不動産によって異なるため、今回は概算を算出する際に多用される“2%”という数字を当てはめます。
また公租公課は、3,000万円の土地価格で10万円前後かかるケースが多いため、今回は“土地価格の0.33%”という数字を当てはめることとします。

福岡の地代相場が高い地域を解説!

最初は、福岡の地代相場が高い地域について解説します。
福岡の土地価格が高い地域が、必然的に地代相場が高い地域となります。
どこの土地価格が高いのかを知っていただくために、まずは福岡の土地価格が高い地域トップ10をご覧いただきましょう。

順位地域名1㎡あたりの地価平均
1位福岡市中央区91万7632円
2位福岡市博多区68万2827円
3位福岡市早楽区20万379円
4位福岡市南区19万4120円
5位北九州市小倉北区14万4241円
6位福岡市城南区14万2252円
7位春日市12万5255円
8位福岡市西区11万8344円
9位福岡市東区10万7898円
10位大野城市10万3493円

参考:福岡県 2019年(平成31年) 公示地価
https://tochidai.info/fukuoka/

福岡の土地価格が高い地域は、観光地として有名な天神・渡辺通りなどがある福岡市中央区、福岡一有名と言っても過言ではない福岡市博多区などです。
上記のデータを見ると、この2つの地域の土地価格が飛び抜けて高いことがわかります。
では福岡でもっとも土地価格が高い福岡市中央区の地代相場は、一体どれくらいなのか計算してみましょう。

91万7,632×0.02+3,028=約21,381円

福岡市中央区の1㎡あたりの地代相場は上記の金額です。
当然ですが、10㎡の底地(貸宅地)を貸し出す場合は、地代相場も10倍(約21万3,810円)になります。

福岡の地代相場が低い地域を解説!

続いては、福岡の地代相場が低い地域を見ていきましょう。
先ほどとは逆で、今度はまず福岡の土地価格が低い地域トップ10を紹介します。

順位地域名1㎡あたりの地価平均
1位赤村6737円
2位東峰村8390円
3位上毛町8733円
4位添田町9825円
5位福智町9868円
6位大任町10720円
7位嘉麻市12517円
8位糸田町12820円
9位みやこ町13066円
10位川崎町13950円

福岡の土地価格が低い地域トップ10の土地価格は、すべて10,000台もしくは10,000円以下となっています。
では中でももっとも土地価格が低い、赤村の地代相場を積算法で計算してみましょう。

6,737×0.02+22=約157円

赤村で底地(貸宅地)を貸し出す場合、借りる場合の地代相場は、1㎡あたり約157円となっています。
したがって、どれだけ大規模な底地(貸宅地)であっても、1㎡あたりの地代相場が数十万円台になるようなケースは稀だと言えます。
また先ほど解説した福岡市中央区の地代相場と比べると、どれだけ赤村の地代相場が安いのかがわかります。

福岡市中央区:約21,281円
赤村:約157円

ちなみに、今回解説した福岡でもっとも高い地代相場ともっとも低い地代相場を合計し、それを2で割ることで、福岡全体の地代相場の目安が弾き出されます。
その金額は以下のとおりです。

(約21,381+約157)÷2=約10,769円

まとめ

福岡は天神・渡辺通りなどが観光地として絶対的な人気を誇っていますが、田園地帯も数多く存在します。
したがって、福岡で底地(貸宅地)を貸し出す方、または借りようとする方は、地域ごとに適切な地代になっているかを確認しましょう。
また福岡市内と言っても、中央区または博多区以外の地代相場はそれほど高くないため、借地人様となる方は、少し都心部から離れたところで底地(貸宅地)を借りることも検討しましょう。

 

こんな記事も読まれています