日本でも有数の観光地の1つである名古屋市がある愛知において、底地(貸宅地)を貸し出したい方、または底地(貸宅地)を借りたい方は、地代相場がどれくらいなのか気になると思います。
したがって今回は、最新の愛知の土地価格を参考に、地代相場が高いエリア、低いエリアについて解説したいと思います。

今回算出する愛知の地代相場について

今回解説する愛知の地代相場は、“土地価格×期待利回り+必要諸経費(固定資産税、都市計画税)”という計算式を当てはめる“積算法”で算出します。
期待利回りに関しては、積算法でおおよその地代相場を算出する際によく用いられる“2%”という数字を用います。
また固定資産税、都市計画税に関しては、3,000万円の土地価格で約10万円課税される場合が多いことから、“土地価格の0.33%”をプラスすることとします。

愛知の地代相場が高いエリアはどこ?

まずは、愛知の地代相場が高いエリアについて解説していきます。
地代相場が高いエリアを知るためには、まず愛知におけるどのエリアの土地価格が高いのかを知る必要があります。
愛知の最新の土地価格ランキングベスト10は、以下のようになっています。

順位

エリア名

地価平均(1㎡あたり)

1

名古屋市中村区

1599,340

2

名古屋市中区

1462,297

3

名古屋市東区

594,962

4

名古屋市千種区

326,040

5

名古屋市昭和区

301,863

6

名古屋市熱田区

292,375

7

名古屋市瑞穂区

248,760

8

名古屋市西区

243,713

9

名古屋市名東区

211,290

10

名古屋市北区

186,806

 

参考:愛知県 2019年(平成31年) 公示地価
https://tochidai.info/aichi/

愛知の土地価格上位は、やはり日本を代表する観光地の1つである名古屋市が独占しています。
中でもJR、名鉄、近鉄、地下鉄の名古屋駅が所在する中村区、名古屋城がある中区は、圧倒的に土地価格が高いことがわかります。
では愛知でもっとも土地価格が高いエリア、名古屋市中村区の地代相場は、一体どれくらいなのでしょうか?
積算法の計算式に当てはめて算出してみましょう。

159万9,340×0.02+5,278=約37,265円

中村区の地代相場(1㎡あたり)は上記の金額となります。
仮に貸し出す底地(貸宅地)が10㎡の場合は、約37万2,650円という計算になります。

愛知の地代相場が低いエリアは?

愛知の地代相場が高いエリアは、ほとんどが名古屋市内であることがわかりました。
では、愛知の地代相場が低いエリアは、一体どのエリアなのでしょうか?
まずは、愛知の土地価格ランキングワースト10を見ていただきましょう。

順位

エリア名

地価平均(1㎡あたり)

1

名古屋市中村区

1599,340

2

名古屋市中区

1462,297

3

名古屋市東区

594,962

4

名古屋市千種区

326,040

5

名古屋市昭和区

301,863

6

名古屋市熱田区

292,375

7

名古屋市瑞穂区

248,760

8

名古屋市西区

243,713

9

名古屋市名東区

211,290

10

名古屋市北区

186,806

参考:愛知県 2019年(平成31年) 公示地価
https://tochidai.info/aichi/

愛知の土地価格上位は、やはり日本を代表する観光地の1つである名古屋市が独占しています。
中でもJR、名鉄、近鉄、地下鉄の名古屋駅が所在する中村区、名古屋城がある中区は、圧倒的に土地価格が高いことがわかります。
では愛知でもっとも土地価格が高いエリア、名古屋市中村区の地代相場は、一体どれくらいなのでしょうか?
積算法の計算式に当てはめて算出してみましょう。

159万9,340×0.02+5,278=約37,265円

中村区の地代相場(1㎡あたり)は上記の金額となります。
仮に貸し出す底地(貸宅地)が10㎡の場合は、約37万2,650円という計算になります。

愛知の地代相場が低いエリアは?

愛知の地代相場が高いエリアは、ほとんどが名古屋市内であることがわかりました。
では、愛知の地代相場が低いエリアは、一体どのエリアなのでしょうか?
まずは、愛知の土地価格ランキングワースト10を見ていただきましょう。

順位

エリア名

地価平均(1㎡あたり)

1

豊根村

4,050

2

東栄町

11,800

3

設楽町

13,252

4

南知多町

25,916

5

美浜町

28,992

6

田原市

42,450

7

飛鳥村

43,266

8

新城市

49,388

9

常滑市

51,072

10

愛西市

54,800

愛知でもっとも土地価格が低いエリアは、長野県や静岡県と境を接する豊根村です。
では豊根村の地代相場を、先ほどの名古屋市中村区と同じ方法で算出してみます。

4,050×0.02+13=94円

豊根村にある底地(貸宅地)を貸し出す場合、または借りる場合、地代相場は100円にも満たない額となります。
どこの都道府県も、最も地代相場が高いエリアと最も低いエリアの金額差は激しいですが、愛知は特に激しいと言えます(約37,171円差)。
また、もし愛知全体の地代相場を知りたいのであれば、名古屋市中村区の地代相場、豊根村の地代相場を足して割ることで、目安となる金額が算出できます。
愛知全体の地代相場の目安は以下の通りです。

(約37,265+94)÷2=約18,680円

まとめ

多くの方が観光に訪れる、愛知の地代相場について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
愛知には名古屋市を中心とした都心部も多いですが、自然が豊かなエリアもたくさんあるため、場所によって地代相場には大きな差があります。
愛知の地主様は、借地人様が納得するような地代を設定し、愛知の借地人様となる方は、自身が納得する地代の底地(貸宅地)を利用しましょう。

 

こんな記事も読まれています