川崎市や横浜市を中心に、“住みたい街”上位にランクインする街が多く存在する神奈川。
そんな神奈川における地代相場は、一体どれくらいなのでしょうか?
今回は神奈川の土地価格を参考に、地代相場が高い地域と低い地域をそれぞれ解説します。
神奈川県で土地を貸したい方、借りたい方はぜひ参考にしてください。

今回の神奈川の地代相場の算出方法について

今回は、現在公表されている神奈川の土地価格を参考に、“土地価格×期待利回り×各種税金(公租公課)”の計算式を利用する“積算法”を用いて、神奈川の地代相場を算出したいと思います。
期待利回りに関しては、積算法で地代相場の概算を算出する際に多用される“2%”という数字を当てはめます。
また各種税金には、3,000万円の土地価格で10万円前後課税されるケースが多いということを考慮して、“土地価格の0.33%”という数字を用いることとします。

神奈川の地代相場が高い地域について

ではまず、神奈川県内の地代相場が高い地域を見ていきましょう。
神奈川の土地価格が高い地域がわかれば、必然的にどの地域の地代相場が高いのかがわかります。
神奈川の土地価格ランキングベスト10は以下の通りです。

順位

地域名

1㎡あたりの地下平均

1

横浜市西区

1339,807

2

川崎市幸区

558,944

3

横浜市中区

551,936

4

川崎市中原区

534,705

5

川崎市川崎区

477,553

6

横浜市港北区

364,645

7

横浜市神奈川区

364,594

8

川崎市高津区

354,363

9

横浜市鶴見区

318,711

10

横浜市青葉区

308,236

参考:神奈川県 2019年(平成31年) 公示地価
https://tochidai.info/kanagawa/

冒頭で触れた“住みたい街”が多く存在する川崎市、横浜市は、やはり土地価格が高い地域が多いです。
特に横浜ランドマークタワーなどがあり、“横浜都心”にも指定されている横浜市西区は、ダントツで土地価格が高い地域となっています。
では横浜市西区の地代相場は、一体どれくらいなのか算出してみましょう。
先ほど解説した計算式に土地価格を当てはめると、横浜市西区の地代相場が算出できます。

133万9,807×0.02+4,221=約31,017円

上記が、神奈川で最も土地価格が高い地域、横浜市西区の1㎡あたりの地代相場です。
ちなみに10㎡の底地(貸宅地)を貸し出す場合、横浜市西区の地代相場は約31万170円になります。

神奈川の地代相場が低い地域について

続いて、神奈川の地代相場が低い地域を見ていきましょう。
神奈川の土地価格が低い地域がわかれば、どこの地域の地代相場が低いのかがわかります。
神奈川の土地価格ランキングワースト10は以下の通りです。

順位

地域名

1㎡あたりの地下平均

1

清川村

39,800

2

山北町

42,700

3

中井町

49,166

4

愛川町

52,780

5

箱根町

53,166

6

真鶴町

57,500

7

三浦市

61,806

8

南足柄町

64,000

9

大井町

67,600

10

湯河原町

79,200

温泉地として有名な箱根町、湯河原町などの土地価格は、意外にも低いということがわかります。
また神奈川県でもっとも土地価格が低いのは、県内唯一の村である清川村となっています。
では清川村の地代相場を、先ほどと同じ計算式で算出してみましょう。

39,800×0.02+131=927円

清川村の1㎡あたりの地代相場は1,000円に満たない程度であり、10㎡の底地(貸宅地)を貸し出すとしても、10,000円以内で収まる金額となっています。
神奈川県内でもっとも地代相場が高い横浜市西区とは、約30,000円もの差があります。
ちなみに、もっとも地代相場が高い横浜市西区と、もっとも地代相場が低い清川村の金額を足して2で割った場合、ちょうど神奈川の地代相場の平均と言える額が弾き出せます。

(約31,017+927)÷2=約15,972円

まとめ

住みやすい街が多く集まる、神奈川の地代相場について解説しました。
今回解説したのは、細かい計算を省いて算出した数字のため、あくまで目安ではありますが、神奈川での土地活用に少しは参考にしていただけるでしょう。
地主様は適切な地代を設定し、借地人様となる方は適切な地代が設定された底地(貸宅地)を選んでください。

 

こんな記事も読まれています