底地(貸宅地)の地代には計算式が存在しますが、相場は各都道府県によって大きく異なります。
今回は東京に次ぐ日本第2の都市である、大阪の地代相場について解説していきたいと思います。
大阪の土地価格のデータを元に、地代相場が高いエリア、低いエリアなどを解説しますので、ぜひ参考にどうぞ。

今回の大阪の地代相場の計算方法

今回は大阪の土地価格のデータを元に、“積算法”の計算式を当てはめて、地代相場が高いエリア、低いエリアを解説したいと思います。
積算法とは、土地価格×期待利回り+公租公課という計算式を用いて、適切な地代を算出する方法のことを言います。
ただ期待利回りは非常に計算が複雑なため、今回は概算を出す際によく用いられる“2%”という数字を期待利回りとして計算します。
また公租公課(固定資産税+都市計画税)に関しては、3,000万円の土地価格に対して10万円前後かかるケースが多いため、“土地価格の0.33%”という数字を当てはめて計算したいと思います。

大阪の地代相場が高いエリアについて

まずは大阪の中でも、地代相場が高いエリアについて解説します。
大阪の地代相場が高いエリアを知るためには、まず大阪の中で土地価格が高いエリアはどこなのかを知る必要があります。
大阪の土地価格が高いエリアランキングトップ10は、以下のようになっています。

順位

市町村

地価平均(1㎡あたり)

1

大阪市中央区

2955,022

2

大阪市北区

2623,676

3

大阪市西区

923,285

4

大阪市天王寺区

588,166

5

大阪市阿倍野区

581,076

6

大阪市福島区

551,266

7

大阪市浪速区

515,750

8

大阪市都島区

34万円

9

大阪市淀川区

336,272

10

大阪市住吉区

264,380

参考:大阪府 2019年(平成31年) 公示地価
https://tochidai.info/osaka/

大阪の土地価格が高いエリアランキングトップ10は、大阪市内のエリアが独占しています。
今回は、この中でももっとも土地価格が高い大阪市中央区の地代相場を計算してみましょう。
先ほどの積算法の式に当てはめてみます。

295万5,022×0.02+9,751=約68,851円

もし貸し出す底地(貸宅地)の面積が10㎡の場合、上記を10倍にすることになるので、地代相場は約68万8,510円ということになります。

大阪の地代相場が低いエリアについて

では次は、大阪の地代相場が低いエリアについて解説しましょう。
大阪の土地価格ランキングワースト10は、以下のようになっています。

順位

市町村

地価平均(1㎡あたり)

1

能勢町

13,800

2

岬町

25,481

3

千早赤阪村

29,300

4

豊能町

30,898

5

河南町

33,525

6

阪南市

40,605

7

泉南市

45,781

8

太子町

48,083

9

熊取町

55,588

10

田尻町

56,175

大阪の土地価格ランキングワースト10に並んでいるのは、やはり大阪の他の市と比べて規模も人口も少ないエリアばかりです。
ではこの中でも、もっとも土地価格が低い能勢町の地代相場を計算してみましょう。
先ほどと同じように、積算法の計算式に当てはめてみると、1㎡あたりの地代は以下のようになります。

13,800×0.02+46=322円

貸し出す底地(貸宅地)がたとえ10㎡であっても、地代相場はわずか3,220円です。
先ほどの大阪市中央区と改めて比較してみましょう。

• 大阪市中央区:約68万8,510円
• 能勢町:3,220円

このように同じ大阪であっても、エリアによって地代相場には非常に大きな金額差が出ることがわかります。
ちなみにあくまで目安ではありますが、これらの大阪でもっとも高い地代相場、もっとも低い地代相場を足して割った場合、大阪の平均地代相場と言える金額が算出できます。
その金額は以下の通りです。

(約68,851+322)÷2=約34,587円

まとめ

東京に次ぐ日本第2の都市、大阪の地代相場について解説しました。
今回解説したのはあくまで概算であり、正確な数字ではありませんが、大阪に土地を所有する地主様にとっては、多少参考にしていただける内容になっているかと思います。
また大阪で借地人様になりたいという方も、今後に備えて地代相場の目安は把握しておくべきでしょう。

 

こんな記事も読まれています