みなさんは、供託という言葉を聞いたことはありませんか?
全く知らないと言う人や、言葉くらいは聞いたことがあるという人がいるかもしれません。
実は、家を借りている人にとって、何かあった時の問題を解決する方法の1つになるのです。
今回は、供託の受入とはどのようなことなのかを説明したいと思います。

供託の受入の基本的な知識を学ぼう

供託の受入について説明する前に、供託とはどのようなことなのか知っているでしょうか?
用語がわからないと、そもそもどのような仕組みなのか分かりませんよね。
ますは、基本的な用語の意味について説明したいと思います。

供託は、私たちが持っているお金などの財産を、一時的に国に預かってもらえる制度のことを言います。
財産に関する物は、お金しか預けられないのではと思う人もいるかもしれません。
お金などの財産というところが重要で、現金はもちろん、現金に変わるような物でも構いません。

供託の受入を希望する場合は、手続きに印鑑や証明書が必要になるので、事前に確認して行いましょう。

一方で、供託は何のための設けられた制度なのか、疑問に思いますよね。
供託が関係する場面は多くありますが、身近にある問題を解決するための最終手段として用いられることがあるのです。

どのような場合に供託の受入を考えるのか?

供託の基本的なことについては上記で説明しましたが、なぜ供託の方法を取ることがあるのでしょうか?
例えば、次のような状況を想像してみて下さい。

家の大家さんと家賃のことでトラブルになってしまったが、このまま家賃を払わなければ自分の立場がより悪くなってしまう。
家賃の値上げの交渉時によくある状況ですよね。

確かに大家さんと家賃のことで揉めている時に、反対の意思を示すためとはいえ、家賃を払わないことは新たな問題を生む可能性があります。
ほとんどの人が、大家さんとの関係をより悪化させたくはありませんよね。

交渉とは別に、しっかり家賃を払っていることを証明するために、供託の受入を行うことがあります。
支払っている対象は違いますが、家賃に相当する金額を払っていることに変わりはありません。
そのため、そのお金を受け取るかどうかは、大家さんの判断に委ねることになるでしょう。

まとめ

今回は、供託の受入とはどのようなことなのかを説明しました。
供託は、財産を一時的に預かってくれる制度であり、受入の際には手続きが必要になります。
供託の受入を考える事例として、物件を借りている時の大家さんと金銭面に関するトラブルが起こった場合に多いです。
供託の受入がないような状況が望ましいですが、もしもの時があった場合は、このような方法があるということを思い出してみて下さい。

 

こんな記事も読まれています