みなさんの中に、土地の購入を考えたり、家族に土地を譲ろうかなと考えたりしている人はいませんか?
土地も将来にわたる大事な資産になりますよね。
しかし、土地の特徴をしっかり確認しなければ、大変なことになる可能性もあります。
今回は、どのような特徴の土地だと家の再建築は難しくなるのかを解説したいと思います。

土地の特徴によって再建築が左右される

土地は、多くの場所にあり、様々な用途で使われていますよね。
実は、土地にも細かい特徴があるのは知っていますか?
どれも同じような土地に見えるかもしれません。

しかし、土地に建物を建てる時、または再建築で建てられるかどうかは土地によって左右されるのです。

「でも、どのような土地がいいのかどうか分からない…。」
土地に関する専門知識がない私たちにとって、どのような土地が良いかどうかを見分けることは難しいですよね。
詳しいことは法律で定められていますが、簡単に説明すると、次の通りになります。

主に、土地が法律で決められた通りの道路に造られていることや、建てた建物の大きさによって、再建築をすることができるかどうかが決まります。
良い土地かどうかを判断するためには、土地の周辺の状態を見ることも必要になるでしょう。

土地の状態は再建築を難しくするだけではなくなる

土地の状態を知ることにより、建物の再建築にも関わることを説明しました。
しかし、人によっては、このように思う人もいるでしょう。

「自分たちも建て替えることができないってことだよね?」
「建物を建てられないってことは、もしもの時売れにくいのでは…?」

確かに、土地に再建築が難しい場合のほとんどは、売却に出したときに中々売れないことが多いです。
そうなると、なるべくなら条件の良い土地を初めから探しておいた方がよかったのではないかと思う人もいるでしょう。

実は、土地の良し悪しや選ぶ理由は、お金のことだけではありません。
中には、売却の時に条件が悪くても、昔から住み慣れた場所だからという理由で、土地で再建築が難しくても買っていく人もいます。

だたし、土地を買う時には、事前に様々な特徴を知っておいた方が、売る時や何か問題が起こった時に対処がしやすくなるので聞いておきましょう。

まとめ

今回は、どのような特徴の土地だと家の再建築は難しくなるのかを解説しました。
土地の状況により、建物を建て替えることができない、再建築が難しい土地があります。
住まいや生活の状況にもよりますが、土地において再建築が難しいことは、土地を売りにくい要因の1つになります。
土地は大事な資産になるものなので、土地を買う時は、土地の良し悪しを判断した上で、買う判断をすると良いでしょう。

 

こんな記事も読まれています