借地を借りた時は良かったけど、使っていない場所が出てきたから一部でも他の人に使ってほしい。
このように、今の借地の状態に悩んでいる人はいませんか?
実は、借地は手続きさえきちんとしていれば、売却することができます。
今回は、借地と地主への売却の手続きについて説明したいと思います。

借地と地主への売却の手続き~売却する理由~

借地は、基本的に地主から土地を借りている人が一時的に使用している形の状態ですよね。
借地を利用している人の目的は、様々あります。
例えば、借地に家を建てたり、駐車場の一部したりなど活用されているでしょう。

借地を現在利用している人たちが、他の人にも借地を売りたいと考えるのには、次のような理由があります。

現在借地で借りている土地が余っていて、他の人がその部分を使いたいと話している。
他の人が現在使用している借地が欲しいと言っている、というような理由が挙げられるでしょう。

しかし、他人が借地を利用したいからと言って、勝手に借地を売却することはできません。
借地を売却する場合は、地主と売却の手続きをしっかりしておく必要があるのです。

借地と地主への売却の手続き~なぜ手続きが必要?~

借地を売却する際、地主と相談して売却の手続きを踏む必要があります。

「相談なら、面倒だし口頭でもいいのでは?」
確かに、手続きとなると複雑な書類を書かなければならないので、面倒に感じる人もいるでしょう。

しかし、借地と地主への売却の手続きは、民法でしっかり決められています。
法律で定められているので、しっかりと手続きをする必要がありますよね。

借地を売却する時は、地主に許可を得てから売却することは、法律で定められています。
したがって、決まった手続きを行わないと、自分にとってマイナスなことも起こりますよね。
今回の場合、地主の許可なく売却した場合は、売却が無かったことにされます。
この内容も民法に定められているので、確認しておきましょう。

また、法律で不利益が出るだけでなく、借地を勝手に売却した場合は、地主の信頼も売却によって失くしてしまいますよね。

地主とは、借地の売買だけでなく、今後も良い関係を築いていきたいですよね。
そのためにも、売却だけでなく、何かあった時は地主にまず相談することをおすすめします。

まとめ

今回は、借地と地主への売却の手続きについて、売却の理由や手続きが必要な理由を説明しました。
借地の売却は、余った土地を有効活用したり、その土地を使用したいという人が現れたりした時に考えることが多いです。
借地を売却する時は、事前に地主に売却の許可を取ってから行わないと、不利益を被ったり、地主の信頼を失ったりする事態になります。
トラブルを避けるためにも、地主にはきちんと相談しましょう。

 

こんな記事も読まれています