底地とは、地代を受け取りながら第三者に貸し出している土地において、借地権が付いている土地のことを指しています。
底地を売却することは可能ですが、底地の売却取引をする前に、“底地価格”について知っておく必要があります。
底地を売却しようか悩んでいる方にぜひ読んで頂きたいと思います。

底地の売却取引をする際の底地価格は2種類

底地の売却取引する前に、まず2種類の底地価格があることを理解しておきましょう。
底地価格は、第三者と底地の売却取引をする際の価格である“正常価格”、借地権者と売却取引をする際の価格である“限定価格”に分かれます。
これら2種類は同じ底地価格の一種でありながら、その価格には大きな差があります。
第三者と底地の売却取引をすると言うケースが少ないため、正常価格の方が圧倒的に金額は安くなってしまいます。
第三者は底地を購入したところで、自身の土地活用や事業のために使うことはできないので、ほとんどメリットがありません。
したがって、底地は借地権者との売却取引がほとんどになるため、“底地価格=限定価格”という認識でも間違いではないでしょう。
底地の状態で第三者と売却取引をするケースは、不動産の買取業者との売却取引がほとんどです。
不動産買取業者に売却すること自体は簡単ですが、高い価格で売却することは非常に難しくなります。
ただ第三者と底地の売却取引をする場合、借地権者と第三者の間で、借地権の売却取引を同時に行うことも可能です。
つまり第三者との底地の売却取引も、方法によってはメリットのある売却方法になるのです。
借地権者と底地の売却取引をする際は、非常に高い価格が付く可能性が高いです。
借地権者が底地を購入すれば、土地だけでなく建物も地主の所有物となるため、資金繰りが厳しい場合は融資も受けやすいです。
借地権者の中には、ずっと地代を支払い続けるのであれば底地を購入したいと考える方も多いです。

地主が借地権を購入するという方法もある

先ほど、底地の状態で第三者と売却取引をしても、高い価格では売却できないという話をしました。
そういう場合は、地主が借地権者から借地権を買い取るという方法も使えます。
借地権者の中には、地主に対して借地権の買取を打診してくる方もいます。
地主が借地権を購入すれば、第三者は底地と借地権を同時に手に入れられるメリットがあるため、売却取引をする際も価格が上がりやすくなります。
購入する資金がある場合は、ぜひ検討してみましょう。
底地の売却取引をする際は、どんな状況でも必ず1番高い価格で売れる方法を模索しましょう。
また売却取引に踏み切る前に、必ず不動産鑑定士や不動産カウンセラーなどの専門家に相談するようにして下さい。

 

こんな記事も読まれています