得をした後に知ることは「得をした分だけ納税する義務がある」という事実です。そうなると「税金対策」が不安に感じるところだと思います。仮想通貨の税金に関しては、整理されていないところも多々あるため、ちゃんと納税することが、違法を気にせず一番安全だと思います。今回は「もしや、税金対策ができるのでは」という方法をご紹介します。

仮想通貨の儲けに対してかかる税金と発生のタイミングは?

1.仮想通貨の儲けに対してかかる税金
一般的に雑所得として扱われるのが、仮想通貨の儲けです。これには、5%〜45%の税金が加えられます。所得税プラス、10%の住民税も納税する義務があります。細かくいうと、仮想通貨の儲けに対して最高で55%の税金が加えられます。

2.税金が発生するタイミング
一般的に、仮想通貨の儲けに当たる部分は「現金、物、別の仮想通貨」に引き換えたケースで、税金が生じます。それによって、仮想通貨のまま持ち続けていると、納税の義務はないと考えられ、判断されています。

仮想通貨の儲けに対しての税金対策方法!節税?or脱税?

そもそも、仮想通貨の節税方法にあたって、法律に触れているか、触れていないか、はっきりしないところが多々あります。なので、確実なことは言えませんが、節税方法ではないか?と思われる考え方を、ここでいくつか集約してみます。

1.売買取引せずに仮想通貨として持ち続ける方法!
前途でも少し触れましたが、仮想通貨を、現金や物、または、別の仮想通貨に引き換えたり、それを用いて買い物を行ったりすると税金が生じます。ですから「仮想通貨を売買取引せず、最初に買ったまま寝かせて置いて、値段が高騰するまで保持るのが、良い方法ではないか」という世論もあります。

2.仮想通過事業を設立!必要経費で計上!(個人白色申告)
個人開業し、仮想通貨事業を始めることで、仮想通貨の儲けを作り出すために重要だったものを、経費として計上できるということです。白色事業者の、登録する利点として、青色事業者の、正式記載に比べ、控除金は微々たるものですが、手間が省けることが一つの要因です。

3.仮想通貨事業を設立!必要経費で計上!(個人青色申告)
仮想通貨で儲けた際、個人で用いるケースでは「雑所得」となり、法人として用いるケースでは「事業所得」に分けられます。事業所得は、青色申告特別控除というシステムがあるのが特徴です。手続が少し面倒くさいですが、白色事業者として正式記載するのに比べ、控除される値段が高いのが特徴です。

仮想通貨の税金対策と節税をしっかり考えておくことが必須!

前項は、一般的に仮想通貨に関して、節税が可能かどうか、と思われる方法についていくつかまとめたものです。ですから、本当に節税が可能かどうか、という正確な答えではないということです。現在でも、まだ仮想通貨に関しての税法は整えられてないため、不安な方は、税理士や仮想通貨の税金サービスを使って、納税を行った方が確実と言えます。

 

こんな記事も読まれています