借地を地主にそろそろ返そうかなと考えている人はいませんか?
借地を地主など貸主に返す時には、必ず返却手続きを行いますよね。
事前の契約書類で確認している項目もありますが、借りてから時間が経つと忘れてしまうこともあるでしょう。
今回は、借地の返却手続きで注意するべきことについて説明したいと思います。

借地の返却手続きの前に確認しておくことは?

借地を貸主に返す時は、借りた時にどのような契約を結んでいるのかが重要になります。
当たり前かもしれませんが、借りる際に注意事項や利用の用途など確認した上で契約を結んでいますよね。

また、借地を返却する時はそのままでいいのか、元の状態に戻しておくのかも関わります。
貸主とも相談して、どのようにすべきか借地の返却手続き前に明確にしましょう。

実際に、借地の返却時に関わるトラブルの事例が多くあります。
貸主とは最後まで、良好な関係でいたいものですよね。
借地の返却のトラブルがないように、返却手続きの際には確認しておきましょう。

借地の返却手続きで注意したいお金のこと

借地の返却手続きで注意しなければならないのは、返却時のお金のことについてです。
借りた側からすると、少なからず出費になるので、確認すべき重要な項目でしょう。
実は契約の内容により、返却時にお金がかかるかどうかは変わります。

書類上に、有償で返還されるか、無償で返還するかどちらの記載になっているのか見て下さい。
この項目を見ると、返却時にお金が必要かどうかはっきり分かりますよね。

また、お金の面にふれたのには、次のような事情があります。
それは税金に関わる話で、土地を借りた場合は確定申告などで必ず関わってきますよね。
有償で返還したのか、無償で返還したのかによって、税金のかかる金額も異なってくるのです。

加えて支払った金額だけでなく、貸主が個人なのか、会社なのかによっても申告の際の記入項目が異なることがあります。

税金がどのくらいかかるのかは、今後の生活や資産形成にも関わってきます。
お金の支払いも重要ですが、申告の記入項目が貸主の立場により異なるので注意しておきましょう。
一方で貸主の側も、返却の時にお金を受け取った場合、その金額に税金がかかることがあるので申告時には注意が必要です。

まとめ

今回は、借地の返却手続きで注意するべきことについて説明しました。
借地を返却する時のトラブルを避けるためにも、契約書類をしっかり確認しておきましょう。
特に、借地の返却手続きの際に、返却にお金が発生するのか、お金を支払った場合は税金がかかる場合があるので申告が必要になります。
お金の支払いは不明な点も多いので、申告時の記入項目の疑問などは税務署や仲介をした不動産会社に確認すると間違いはないでしょう。

 

こんな記事も読まれています