不動産の売買の中で、「底地」や「借地」という言葉を目にすることが多いでしょう。
どちらも土地に関する内容に思われますが、その言葉の意味や違いはよく分からないというのが正直なところですよね。
そこで今回は、底地と借地の違いについて、ご説明していきます。

■底地と借地の定義上の違いは?

底地と借地、まずはこの二つの意味について定義付けしていきましょう。

借地とは、建物の所有を目的とした地上権、あるいは貸借権のある土地のことです。
この土地の有する権利は借地権と呼ばれ、借地借家法の適用があります。
地上権、貸借権とは書いたものの、借地権は後者がほとんどです。

借地に対して底地とは、完全なる土地の所有する権利の中から借地権を除いた権利を有する土地です。
この権利は借地権に対して、底地権と呼ばれます。
言い換えると、底地権と借地権とを合わせて完全な土地の権利となります。
借地権が自分の建物を得ることを目的とするのに対して、底地権は借地権者から地代を貰うための権利です。

底地は地主、借地は借地権者に帰属するということです。

■底地と借地の機能上の違いは?

底地、借地の意味を理解したと思われますが、まだそれらを分ける利点や欠点は見えにくいでしょう。
続いては、底地と借地の機能上の違いについて、ご説明したいと思います。

底地は地主が持っていて、もちろん売却は可能であり、売却せずとも貸すことで地代を得られます。
しかし、借地権者より借地権をもらわなければ、上記するように土地を所有する権利を完全に所有していないことになります。
したがって、底地を売っても地主の自由にすることができない可能性があります。
そうなると、借地権を有する者と地主の間にトラブルが起こるケースも少なくありません。

借地は借地権者が地主かより借りた土地であるために、その土地本来の地価より安く買うことができます。
加えて、不動産を借りていることはそこにかかる税金は底地人が負担する事になります。
しかしながら、借地権の譲渡や売却には底地人より承諾を得なければなりません。
また、借地上の家の増築や改築を行う際にも底地人の承諾が必要です。
このように、借地は借地権者の自由を損なう可能性があり、これもまた地主との問題につながります。

■まとめ

底地と借地、その漢字は似ていますが、明確に違いがあります。
考え方としては、土地の所有権より借地権を抜いたものを有する底地と、借地権を有する土地(借地)ということになります。

また、底地は地主が持つものであり、借地は借地権者が持つものであるという点でも違いがお分かりになるでしょう。
したがって、底地は地主の地代を得る事が目的であり、対して借地はその上に建物を建てる事を目的とするという事で、ここでも違いも生まれます。

認識の違いによるすれ違いが起こらないよう、事前にしっかりとした知識を蓄えましょう。

 

こんな記事も読まれています