不動産を売買する際には、先んじて売買代金の一部を納めることがあります。これは手付金や内金と言われていますが、この2つはどう違うのでしょうか?また、契約を解消する際に手付金や内金の返還請求はできるのでしょうか?

・手付金とはどういうもの?

不動産を購入する際に、正式な契約をする前に支払う金銭を手付金といいます。手付金の詳細は契約書にも明記されていて、通常は売買金額の一定割合で定められているもので、返還請求はできません。

手付金は、買主様が正式に契約を結ぶために銀行にローンを申し込む必要がある場合など、契約まで時間がかかる時に契約の意思を示すために支払います。この手付金は、正式に契約が結ばれた後は支払代金の一部となり、そのまま差し引かれます。
手付金と一口に言っても、その内容としては契約の解約時に関係する解約手付と、契約に違反した場合に関係する違約手付があります。手付金と呼ばれているのは、このうちのどちらかとなっています。

解約手付は、買主様と売主様のどちらかが解約を望んだ際に関係してくるもので、買主様が解約を希望した際にはその手付金を放棄することで解約が成立し、売主様から申し出た時には手付金の金額を基準として、その金額を2倍にして返還することで解約が可能となります。

また、違約手付の場合は、契約事項に関する違反が発覚して契約を解除する場合に手付金がそのまま違約金となります。その原因が買主様にある場合は手付金が違約金として没収され、売主様が原因の場合には手付金の返還と共に、手付金と同額を違約金として支払う事になります。

どちらの場合でも契約が履行されない場合に支払うことになる金額は同じとなります。その性質上、解約した場合は手付金が没収されるので返還請求はできません。しかし、実際には手付金の返還請求をすれば返還されると思っている人が多いのです。その理由として多いのが、手付金を内金と混同して返還請求できると思っていることです。

・内金とはどういうもの?

内金というのは、契約が成立する前に一部の売買代金を支払っておくことです。これは契約書に明記されているものではなく、慣例として行われている場合がほとんどです。本来の内金には法律上の強制力はないのですが、手付として手付金と同等の効力を持つ場合もあります。
しかし契約書に明記されていないので、内金は手付金とは異なり解約時に返還請求をすれば、返還してもらうことができます。しかし業者の中には、手付金と内金を混同するような説明をすることもあるので、実際にはどちらの扱いとなるのかきちんと契約書を確認してから支払うようにしましょう。

 

こんな記事も読まれています