借地人様に貸している土地である底地は、整理するためにただ売却するという訳にはいきません。底地を整理したい場合は、そのための方法があります。その方法がどのようなものかを紹介します。

・底地を整理する際に問題となるのは?

底地というのはあくまで地主様に所有権があるので、固定資産税などは地主様が支払わなければ行けません。また、何らかの形で資金が必要となって、金策の為に売却されたいと思うこともあるでしょう。しかし、底地というのはそう簡単に整理できるものではありません。

地主様が底地を整理しようとされる際に問題となるのは、やはり借地人様との関係でしょう。借地人様が持つ借地権というのは非常に強い権利なので、もしも借地人様が一生その土地に住みたいと考えているなら、その土地を明け渡していただくことはほぼ不可能となってしまいます。

また、地価の変動などが原因で、固定資産税が地代よりも高くなってしまう事もあります。その場合は土地を貸している間は赤字がかさむこととなるので、なるべく早くその底地を整理してしまいたいと考えるでしょう。
そういった底地の問題を解決するにはどうしたらいいのでしょうか。

・底地を整理する方法は

底地を整理する方法にはいくつかありますが、最も一般的なのは借地人様に底地の権利を買い取ってもらうという方法です。この方法であれば、地主様にとっては底地を無事に処分できる上、借地権付きの土地として売却するよりも高値で処分できる可能性が高くなります。

借地人者様にとっては土地を自分の所有にすることで資産価値も高まり、建て替えなども自分の好きにできるということになります。どちらにとってもメリットが大きい方法です。

しかし、借地人様に借地を買い取ることができる資金があるとは限りません。その場合は、売却金額は低くなりますが、底地買取業者に売却するという方法もあります。

借地人様から借地権を買い取って契約を解除するという方法もあります。この場合は立ち退き料などが必要となることもありますが、例えば相続のタイミングなどに合わせて交渉するとスムーズに話が進むこともあります。

地主様と借地人様が話し合って、第三者に土地と建物をまとめて売却するという方法もあります。その場合は土地と建物を別々に売却するよりも高値で売れることができます。売却した代金は、地主様と借地人様で分け合うこととなります。
土地が広い場合には、借地権と底地の権利を等価交換するという方法もあります。借地権に応じた土地を分割して譲渡するのですが、場合によっては建物を解体する必要も出てきます。

底地を整理するためにはこういった方法がありますが、その土地の取り扱いや借地人様の希望、地主様の希望によってどの方法が一番いいかは異なります。地主様は、底地の整理方法を決める前に借地人様としっかり話し合うようにしましょう。