< Back

読み
ていとうけん
意味
債務者が占有を移すことなく提供した特定の不動産につき、債務者が債務を履行しない場合に、目的物を競売してその代金から債権者が他の一般債権者に優先して、弁済を受け得る担保物権のことをいう。目的となるものは原則として不動産であるが、地上権や永正作権も目的となり得る。約定担保物権である点では、「質権」と同じであるが、担保物の引渡しを必要としない点に違いがある。
不動産の登記手続きにおいて実印がいるパターンって?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行