< Back

読み
てつけきん
意味
不動産売買契約の締結時に、相手方の債務不履行の有無を問わず解約権を認める目的のため、あるいは相手方に債務不履行があった場合に損害賠償もしくは違約金として、買主から売主に対して支払われる金銭のことをいう。手付金には、不動産売買の締結にあたって、契約が成立していることを明確に表すという大切な役割がある。
不動産売買における手付金と税金の関係性について解説します

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行