< Back

読み
きょうゆう
意味
一般に、数人の者が1つの物を共同に所有する状態のことをいう。共有関係には、複数の者が1軒の家を買った場合など、互いの意思表示で発生する場合と、法律の規定に基づいて発生する場合がある。相続された被相続人の不動産は、相続人同士で遺産分割協議が行われ、所有者が決定するまでの間、複数の相続人が共有することになる。
不動産相続の際に知っておきたい基本的な知識とは?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行