< Back

読み
にんいばいきゃく
意味
住宅ローンや借入金等の返済が困難になった場合、抵当権が設定された住宅を法的手続きによらず売却し、その代金によって残債務を解消する方法のことをいう。住宅を売却する際は抵当権の抹消をする必要があるが、任意売却ではそれを債権者との協議によって行える。競売を回避する方法であり、また残債務の返済プラン等に関して交渉する余地が残された債務処理の方法である。
不動産の任意売却に関するあらゆる疑問にお答えします!

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行