不動産投資の知識は、セミナーに参加したり、経験者の方の話を聞いたりと、さまざまな方法で身に付けることができます。
ただ、自分自身で不動産投資を学ぶのであれば、何と言っても書籍に目を通さなければいけません。
今回は、不動産投資をする方が必ず読んでおくべき書籍を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

不動産投資の書籍は、どのようにして選ぶのか?

自分自身で不動産投資の知識を得るためには、必ず書籍に目を通さなければいけないという話をしました。
ただ、闇雲にあらゆる書籍を読めばいいのかというと、決してそういうわけではありません。
自身にどれくらい不動産投資の知識、スキルがあるかによって、選ぶべき書籍は変わってきます。
まず、不動産投資をこれから始める方、始めたばかりの方は、とにかく“理解しやすい内容の書籍”を選ぶようにしましょう。
例えば、“不動産投資の仕組み”や、“不動産投資に関する用語の説明”などが多く盛り込まれている書籍はおすすめです。
つまり、不動産投資の知識を得る書籍というよりかは、“不動産投資とはどういうものなのかを知る書籍”ですね。
イラストや漫画などが入っている書籍であれば、より内容を把握しやすいでしょう。
そして、ある程度不動産投資の知識がある方には、“あるポイントに特化した書籍”を選ぶことをおすすめします。
不動産投資の知識を得ると一口に言っても、税金や法律など、1つ1つ丁寧に勉強しなければいけないことは山ほどあります。
初心者向けの書籍では、これらのポイントについて深堀して学ぶことが難しいため、中級者の方には、なるべく専門性を高めるようにシフトしていくことが求められます。
もちろん、不動産投資に融資は付き物であるため、1度不動産投資からは離れ、融資のことについてしっかり勉強することも重要でしょう。
また、毎月安定した利益を上げることができる、いわゆる不動産投資上級者になっても、書籍に目を通すのをやめてはいけません。
不動産投資には、その時々に合った手法というものがあります。
そのため、常に書籍に目を通し、情報をアップデートしていかないと、どれだけスキルがあったとしても、長期間不動産投資で成功するのは難しいでしょう。

不動産投資をする方が読んでおくべき書籍はコレ!①『世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生』

こちらの書籍は、タイトルの通り非常に初心者向けの書籍となっています。
不動産投資の教科書としては最適で、何度でも調べなおせる“不動産投資のバイブル”になり得る一冊ですね。
不動産投資に必要な知識が、順を追ってわかりやすく書かれおり、具体的には物件探しから購入、運用まで、各ステージで必要な知識が図や表、囲みを使ってうまくまとめられています。
この書籍で学んだ知識は、必ず今後の不動産投資に活かされるでしょう。

不動産投資をする方が読んでおくべき書籍はコレ!②『1年目から成功する不動産投資 村田式ロケット戦略のすべて』

こちらの書籍は、不動産投資を始めようと考えている方に、ぜひ読んでいただきたい書籍です。
破綻を回避し、物件を超優良物件に変え、数億円を稼ぎ出すオーナーになった方が執筆している書籍であり、“物件のリスクを制する者が不動産投資の成功を掴む”というテーマのもと、リスクコントロールに焦点を当てた不動産投資について解説されています。
不動産投資に興味があるものの、何かと不安に感じることが多い方もいるかと思います。
ただ、この書籍を読めば、そんな不安やモヤモヤした気持ちもスッと晴れていくでしょう。

不動産投資をする方が読んでおくべき書籍はコレ!③『元外資系サラリーマンの家賃収入「1億円」構築術』

こちらの書籍は、会社員から不動産投資家になりたいという方に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。
目標の立て方、実際の不動産の見極め方、融資の付け方など、不動産投資に必要な一通りのことが体系的かつ具体的に描かれており、とても実践的な内容になっています。
また、どのように資金調達をするのかについて、特に詳しく書かれているため、不動産投資において重要な資金調達力を身に付ける本としても、非常に適していると言えます。
他の書籍ではなかなかお目にかかれない、独自の視点で書かれているのも特徴です。

不動産投資をする方が読んでおくべき書籍はコレ!④『儲かる不動産投資の教科書』

こちらの書籍では、累計1,000億円の投資&10,000件の評価実績を持つ、現役の投資会社不動産部門責任者が明かす、本当に価値のある投資物件の見分け方について解説されています。
また、不動産投資で一般的な指標とされている“表面利回り”や“積算価格”を鵜呑みにするのは危険であること、「高利回りの物件は収益性が高いのでリスクが少ない」は誤解であることなど、タメになる知識も満載です。
ただ、決して難しい専門書のような内容ではなく、あくまで個人投資家を読者に想定した“解説書”であるため、最後までしっかり飽きずに目を通せるでしょう。

不動産投資をする方が読んでおくべき書籍はコレ!⑤『不動産投資は空室物件を満室にして超高値で売りなさい』

こちらの書籍は、不動産投資における空室対策、満室対策、出口対策に着眼点を置いた書籍です。
空室を埋め、満室を維持し、高値で売却するという、不動産投資における理想的な形を実践するための方法が詳細に書かれています。
また、実践的に記載されているため、初心者の方にもわかりやすく、目を通せば「できることから始めていこう」という前向きな気持ちになれるはずです。
良い物件の探し方について詳しく書かれた書籍と併せて読むと、投資家としてのステージがグッと上がるのではないでしょうか。

不動産投資をする方が読んでおくべき書籍はコレ!⑥『不動産投資の嘘』

こちらの書籍は、「不動産投資において常識とされている中ことには、間違った事実が含まれている」ということについて、赤裸々に語られている書籍です。
例えば、融資のことであったり、不動産会社や出口戦略であったり、不動産投資をするのであれば、ぜひ知っておきたい情報がこの一冊には詰まっています。
もちろん、不動産投資自体を否定することが書いてあるわけではないため、これを読んだからと言って、不動産投資をしたくなるというわけではありません。
イメージは、“不動産投資をするにあたって注意すべき点が網羅された書籍”といった感じです。

不動産投資をする方が読んでおくべき書籍はコレ!⑦『不動産投資「勝者のセオリー」』

こちらの書籍は、著者が独自の視点から、不動産投資成功の原理原則を教えてくれる書籍です。
不動産投資をする方の中には、いつまでも購入する物件が決まらない方や、儲からない物件を購入してしまった方もいます。
この書籍を読めば、上記のような方々がなぜうまくいかないのかについて、理解できるようになるでしょう。
具体的には、成功するためのマインドについて、成功への最速ルートについて、物件の購入基準についての教えが記載されており、最後まで興味津々で目を通せる魅力があります。

まとめ

ここまで、不動産投資をする方が読んでおくべき書籍をいくつか紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
今回は、各書籍の簡単な説明のみで終わっているため、気になるものがある方は、1度購入して読んでみてください。
また、質の高い不動産投資関連の書籍は、まだまだたくさんあるため、自身のステージに合わせて、気になったものにはできる限り目を通しましょう。