「不動産投資を始めたい!」と思っていても、知識がなければどうすることもできません。
では、不動産投資の知識は、一体どのようにして得ればいいのでしょうか?
ここからは、不動産投資を学ぶ方法を中心に解説していきます。
それほど難しい内容ではないため、不動産投資に興味がある方は、気軽にご覧ください。

不動産投資の知識を得る方法①書籍を参考にする

不動産投資の知識を得る方法としてもっともポピュラーなのは、やはり書籍を参考にするという方法です。
ただ、不動産投資の知識が得られる書籍と一口に言っても、その種類はさまざまなため、得たい知識に合わせて、参考にする書籍を変えることをおすすめします。
具体的には、以下のようなものが、不動産投資の知識が得られる書籍に該当します。

① 不動産投資のことを網羅した書籍
不動産投資のことを網羅した書籍を参考にすれば、当然ながら不動産投資のことを幅広く学ぶことができます。
ただ、このような書籍は、不動産投資のことを“広く浅く”知りたいという方が読むものであるため、これだけで不動産投資のすべてがわかるわけではありません。
あくまで、最初に参考にする書籍だと考えておきましょう。

② 投資体験が中心の書籍
投資体験が中心の書籍を参考にすれば、実際に不動産投資で成功した方、失敗した方のリアルな声やアドバイスを知識として身に付けられます。
ただ、1R投資をしようとしている方が、一棟マンション投資の成功例を見ても、それほど参考にならない可能性があるため、その点は注意しましょう。

③ 不動産投資に関する法律、税金などをまとめた書籍
不動産投資をするにあたって、関連する法律や税金などの知識は欠かせません。
これは、多くの方が苦手とするジャンルではありますが、漫画やイラスト付きでわかりやすく解説してくれる書籍などもあるため、避けて通らずにしっかり目を通すようにしましょう。

④ 運用、管理について解説した書籍
運用、管理について解説した書籍も、必ず読んでおくべき一冊だと言えます。
適切な運用、管理なくしては、不動産投資の成功はありませんし、自らが運用、管理に関する知識を十分に身に付けておくことで、不動産を購入した後、管理会社に任せっきりになる可能性も下がります。

不動産投資の知識を得る方法②ウェブサイト、ブログを参考にする

投資家の方が開設しているウェブサイト、ブログから不動産投資の知識を得るというのも、非常にポピュラーな方法です。
これは、一通り書籍に目を通した後、もっとリアルタイムの情報を集めたいときなどに行いましょう。
ウェブサイトやブログの更新日時をチェックし、比較的新しいものから情報を集めれば、より実用性の高い情報を得ることができます。
また、より新鮮な情報を知識として得たいという方は、なるべく現役の不動産投資家が開設しているウェブサイト、ブログを参考にしましょう。

不動産投資の知識を得る方法③有料のメールマガジンを参考にする

よりディープな不動産投資の知識を得たいのであれば、ウェブサイトで配信されている、有料のメールマガジンを受け取ってみるのも1つの手です。
ネット上にはあらゆる不動産投資の情報が溢れていますが、中にはあまり表には出ない情報を、有料のメールマガジンのみで配信しているウェブサイトがあります。
もちろん、無料で配信されているものもあるため、さまざまなウェブサイトに登録して、リアルタイムの情報をキャッチできるような体制を作っておきましょう。
また、メールマガジンを配信しているようなウェブサイトには、タメになる不動産投資のコラムなどが掲載されていることも多いため、そちらも逃さずにチェックすることをおすすめします。

不動産投資の知識を得る方法④コミュニティで知識を得る

ウェブサイトやSNSなどを利用して、不動産投資関連のコミュニティに参加し、そこに参加している別の投資家の方から、不動産投資の知識を得るという方法もあります。
また、コミュニティに参加すると、そこから人脈が広がっていき、困ったときに相談できる相手が見つかることもあります。
ただ、ウェブサイトやSNSなどのコミュニティには、必ず不動産投資の基礎知識をしっかり持って参加しなければいけません。
そうしなければ、他の投資家に相手にしてもらえなかったり、話について行けなかったりする可能性があります。

不動産投資の知識を得る方法⑤セミナーに参加する

不動産投資の基礎知識がある程度ついている方は、直接人の声を聴いて知識を得るため、不動産投資関連のセミナーに参加してみましょう。
不動産投資関連のセミナーは、全国各地で時期を問わず開催されており、“初心者向けセミナー”や“マンション投資セミナー”、“戸建て投資セミナー”など、細かいジャンルに分かれています。
また、セミナーには無料で参加できるものから、少し高めの参加費を支払って参加するものまであります。
では、具体的には、どのようにして自分に合ったセミナーを選べばいいのでしょうか?

自分に合った不動産投資のセミナーを選ぶ方法

① 予算、物件の種類を再確認する
自身が行おうとしている不動産投資の予算、そして不動産投資のために購入しようとする物件の種類を再確認すれば、自身に合ったセミナーを選びやすくなります。
初心者の方は、中古物件や区分マンションなどで不動産投資を始める場合が多いため、必然的に“安価で始められる不動産投資”を学べるセミナーに参加することになるでしょう。

② 主催者の実績、評判をチェックする
セミナー主催者の実績、あるいは評判を事前にチェックすれば、自身が得たい知識を効率的に得られる可能性が高くなります。

こんな不動産投資のセミナーは避けよう

不動産投資関連のセミナーに参加するのは良いことですが、参加しない方が良いセミナーの特徴は事前に押さえておきましょう。

① 参加費が高すぎる
不動産投資関連のセミナーには、1回参加するだけで、数十万円単位の参加費がかかるものもあります。
もちろん、事前に主催者の実績や評判をリサーチした上で参加するのであれば、決して悪い選択ではありませんが、参加費が高いセミナーに参加したからと言って、必ずしも有意義な情報が得られるとは限りません。
特に、初めて参加するセミナーは、無料もしくは非常に参加費が安価なものにして、セミナーというものの雰囲気を確かめに行くくらいがちょうど良いでしょう。

② 主催者の実績がない
主催者に不動産投資の実績がないセミナーは、当然参加するべきではありません。
なぜなら、不動産投資の実績がなければ、主催者のノウハウもあまりないと考えられ、得られる知識が少なくなってしまうためです。

デメリットについて言及しないセミナーも要注意

事前に主催者の実績や評判を調べた上でセミナーに参加したとしても、怪しい点があれば、そのセミナーで得た知識は参考にしないことをおすすめします。
特に、不動産投資のメリットばかりを羅列し、デメリットについてまったく言及しないようなセミナーは要注意です。
逆に、デメリットに関しても包み隠さず言及してくれるようなセミナーは、優良なセミナーである可能性が高いです。

まとめ

ここまで、不動産投資の知識を得るための方法について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
不動産投資の知識は、ありとあらゆるところから得ることができるため、どこから手を付ければいいのか迷ってしまうことが予想されます。
そんな方は、まず幅広く不動産投資の知識を得られる書籍から入り、そこから他の書籍やサイト、ブログやメルマガ、コミュニティ、セミナーと、勉強の場を広げていきましょう。