近年、少子高齢化に伴う年金問題がクローズアップされる機会は多く、老後の生活に一抹の不安を抱えているという方は多いでしょう。
そんな方々は、ぜひ不動産投資をするべきです。
ここからは、不動産投資が年金をカバーするのに最適な投資である理由を中心に解説したいと思います。

不動産投資と年金の共通点について

不動産投資と年金には、ある共通点があります。
それは、“定期的に収入を得られるもの”であるという点です。
年金は、原則65歳から定期的に受け取れるものであり、老後の生活費としての役割を果たします。
一方、不動産投資も、定期的に賃料収入などを得られるものであり、この収入も老後の生活費に充てることができます。

年金の支給年齢は今後さらに高くなることが予想される

以前は、「60歳から年金がもらえる」というのがごく一般的な考えでしたが、現在は65歳にならなければ、年金は支給されません。
また、冒頭でも触れたように、近年は少子高齢化に伴う年金問題が深刻化しています。
そのため、今後は年金の支給年齢がさらに高くなることが予想されます。
もちろん、支給年齢が高くなるだけでなく、支給される年金の額が少なくなる可能性もあるため、老後の生活に不安を抱える方が多いのも無理はありません。

老後はどれくらいの生活費を確保しなければいけないのか?

生命保険文化センターの調査によると、夫婦が老後の生活を送る上で必要な最低生活費は、月平均22万1,000円とされています。
ただ、この金額は、あくまで最低限必要とされる金額です。
老後の趣味や旅行などに費やす費用は、考慮されていません。
つまり、豊かな老後生活を送るには、もっと多くの金額が必要だということです。
では、今後目減りしていく可能性が高い年金だけで、果たしてこれだけの費用を確保できるでしょうか?
ハッキリ言って厳しいでしょう。
だからこそ、不動産投資を取り入れ、年金に代わる新たな収入を確保するべきなのです。

不動産投資が年金をカバーするのに最適な投資である理由は?

では、不動産投資が年金をカバーするのに最適な投資である理由には、一体どんなことが挙げられるのでしょうか?

①貯蓄よりもお得である
不動産投資が年金をカバーするのに最適な投資である理由の1つに、“貯蓄よりもお得である”ということが挙げられます。
年金をカバーするためのものとして、真っ先に挙げられるのは、やはり個人の“貯蓄”ですよね。
ただ、日本は世界規模で見ても、非常に金利が低い国であり、銀行預金などを行っても、ほとんど貯蓄額は増加しません。
例えば、1,000万円を銀行に預けたとしても、利息はわずか1,000円です。
一方、不動産投資の場合、初期費用を用意し、なおかつ管理会社に委託することができれば、それほど大きな負担なく、安定した収入を得ることができます。
もちろん、何もしなくても収入が入るものではありませんが、貯蓄をしてわずかな利息を得るくらいなら、多少コストを費やして不動産投資を始める方が、ずっとお得だと言えるでしょう。

②長期間収入を得られる
不動産投資が年金をカバーするのに最適な投資である理由には、“長期間収入を得られる”ということも挙げられます。
例えば、株式投資やFXなど、他の投資商品では、タイミングを見計らって売買をすることで、利益が得られます。
ただ、失敗すれば手元の利益はなくなりますし、そもそも成功が続いたとしても、安定した収入が長期的に入ってくるということは、基本的にありません。
一方、不動産投資の場合、1度入居者が集まれば、長期間安定した収入を得ることができます。
もちろん、空室ができれば、その分賃料収入は減る事になりますが、他の投資に比べれば、収入が途絶えたり、マイナスが出てしまったりするリスクは低いと言えるでしょう。

③病気の備えにもなる
体力に自信がある方の中には、年金世代に突入しても、働いて収入を得ようと考える方もいるでしょう。
ただ、いくら体力に自信があっても、高齢になれば身体の負担は大きくなるため、期待していたほど収入を得られない可能性は高いです。
その点、不動産投資は、働いて収入を得るものではないため、自身が病気になっても継続することができ、年金をカバーするものとして機能してくれます。
そのため、病気の備えになるという観点からも、不動産投資は年金をカバーするのに最適な投資だと言えるでしょう。

不動産投資はどのようにスタートさせればいいのか?

不動産投資が年金をカバーするのに最適な投資であることは、ある程度理解していただけたかと思います。
では、ここからは、不動産投資をスタートさせる方法、または必要な費用を見ていきましょう。

①不動産投資をスタートさせる方法
年金をカバーするために不動産投資を始めるのであれば、まずは物件を探すところからスタートしましょう。
また、物件探しをする際は、信頼できる不動産会社の担当者を選び、あらゆることを相談しながら、不動産投資に適している物件を購入できるように工夫します。
もちろん、実際物件があるエリアに訪れ、自身の目で建物や設備、周辺環境などについてチェックすることも重要です。
ちなみに、管理会社に管理業務を依頼するのであれば、不動産会社とは別に信頼できる管理会社も選ばなければいけません。

②不動産投資をスタートさせるために必要な費用
不動産投資をスタートさせるためには、当然ある程度の費用がかかります。
具体的には、物件の取得費、不動産会社や管理会社への依頼料・委託料、各種税金、各種保険料などです。
また、物件の購入費用に関しては、なるべく自己資金の割合を多くし、借入の割合を減らすことで、総返済額を少なくすることができます。
そのため、年金をカバーするための不動産投資と言っても、費用を渋ると安定収入を得るまでには時間がかかるでしょう。

③不動産投資における収入と支出
不動産投資における収入は、賃料がメインになりますが、それがすべてオーナーの収入になるわけではありませんので、注意が必要です。
不動産投資には、収入もあればもちろん支出もあります。
そのため、収入の内容を把握するよりも、むしろ支出の内容を把握する方が、不動産投資においては重要だと言えます。
具体的には、管理費や修繕費、ローン返済などが、不動産投資における支出に該当します。

良い物件を選べば売却でも年金をカバーできる

不動産投資は、長期間収入を得ることができる投資ですが、もちろんそれがいつまでも続くわけではありません。
空室が増えれば収入は減少しますし、入居者がすべて退去してしまったら、当然収入は途絶えてしまいます。
ただ、良い物件、つまり“資産価値が落ちにくい物件”を購入すれば、たとえ不動産投資によって収入が得られなくなっても、“売却”という形で年金をカバーできます。
これは、売却時までに不動産の購入費用を回収し、ローンを完済していることが条件ですが、預貯金以外に資産を持つことができるという点も、不動産投資をおすすめする理由の1つです。
ちなみに、資産価値が落ちにくい物件には、立地が良い物件、規模が大きい物件、管理状況が良い物件などが挙げられます。

まとめ

ここまで、不動産投資が年金をカバーするのに最適な投資である理由を中心に解説してきましたが、いかがでしたか?
年金だけで老後の生活を送ろうという考え方は、ハッキリ言って時代遅れだと言えます。
そのため、不動産投資を若いうちから取り入れ、年金とはまったく別のところで安定収入を得るということは、とても大事なことです。