一口に不動産投資と言っても、さまざまな種類があります。
不動産投資を始めるのであれば、それぞれの不動産投資の利点、欠点を把握し、自身にとって最適なものを選択しなければいけません。
今回は、ポピュラーな不動産投資を中心に、それぞれ利点と欠点を解説していきます。

不動産投資の種類と利点、欠点①集合住宅投資

集合住宅投資とは、アパートやマンションなどの集合住宅を購入し、入居者を募集することで、賃料収入を得る不動産投資の種類を言います。
また、集合住宅投資には、建物を丸ごと購入し、すべての部屋を貸し出す方法と、アパートやマンションなどの1室のみを購入し、貸し出す方法の2つがあります。
建物を丸ごと購入し、すべての部屋を貸し出す方法の集合住宅投資には、主に以下のような利点と欠点があります。

利点
・部屋数が多いため、収入が途切れる可能性が低い
・建物がなくなっても土地が残るため、資産性が高い
・高利回りである

欠点
・初期費用が高額になる
・複数の入居者を抱えるため、トラブルに巻き込まれやすい

また、アパートやマンションなどの1室のみを購入して貸し出す方法の集合住宅投資には、以下のような利点、欠点があります。

利点
・初期費用がかかりにくい
・好立地の物件も比較的購入しやすい

欠点
・1室しか貸し出さないため、収入が途絶える可能性が高い
・利回りが低い
・建物の修繕や建て替えに関して、自身の要望通りにならない場合がある

不動産投資の種類と利点、欠点②戸建物件投資

戸建物件投資とは、戸建物件を購入し、第三者(主にファミリー層)に賃貸することで、賃料収入を得る不動産投資の種類を言います。
そんな戸建物件投資における利点と欠点は、主に以下の通りです。

利点
・高利回りである
・清掃する必要がなく、管理費用がかからない
・自身が家族を持ったときにはマイホームとしても利用できる
・1度入居者が決まると、しばらくの間入居してもらえる可能性が高い

欠点
・条件が良くない場合、なかなか入居者が決まらないことがある
・土地と併せて購入するため、初期費用が高額になる
・賃貸物件として貸し出すためのリフォーム費用が高額になる可能性がある

不動産投資の種類と利点、欠点③福祉系施設投資

福祉系施設投資とは、不動産を購入し、サービス付き高齢者向け住宅や、分譲型シニアマンションなどの福祉系施設として貸し出すという不動産投資の種類を言います。
そんな福祉系施設投資には、主に以下のような利点、欠点があります。

利点
・一般的な賃貸物件よりも退去が少なく、空室リスクが低い
・需要が多いため、入居者が見つかりやすい
・自治体の補助金を受け取れる場合がある

欠点
・供給過多のエリアでは入居者が見つかりにくい
・供給過多のエリアでは売却がしにくい

不動産投資の種類と利点、欠点④シェアハウス投資

シェアハウス投資とは、1軒の住居を複数の入居者に貸し出し、賃料収入を得るという不動産投資の種類を言います。
近年は、賃料を抑えたいと考える学生などが、シェアハウスに入居するケースが増えているため、需要は多いと言えます。
シェアハウス投資における利点と欠点は、主に以下の通りです。

利点
・高利回りであり、収益性が高い
・1つの物件で効率的に賃料収入を得られる
・全員が一度に退去する可能性は低いため、空室リスクを抑えられる

欠点
・入居者同士のトラブルが起こりやすい
・ターゲットが若年層に偏っている

不動産投資の種類と利点、欠点⑤民泊投資

民泊投資とは、購入した個人宅の一部や空き別荘、マンションの空室などを、観光客などに宿泊施設として貸し出し、宿泊費を受け取るという不動産投資の種類を言います。
民泊投資の利点と欠点には、主に以下のことが挙げられます。

利点
・収益性が高い
・原状回復費が安い
・将来性がある

欠点
・法的な制限を多く受ける
・届出などの手間がかかる
・宿泊客のマナーが悪い場合、近隣住民とのトラブルに発展することがある

不動産投資の種類と利点、欠点⑥駐車場、駐輪場投資

駐車場または駐輪場投資とは、土地を購入し、駐車場や駐輪場として第三者に貸し出すことで、収入を得る不動産投資の種類を言います。
集合住宅投資や戸建物件投資と並び、実践する投資家が非常に多い不動産投資の1つです。
そんな駐車場、駐輪場投資には、以下のような利点と欠点があります。

利点
・初期費用がかかりにくい
・ランニングコストがかかりにくい
・失敗したときのリスクが集合住宅投資などに比べて少ない

欠点
・土地の形状や立地に左右されやすい
・固定資産税の軽減税率が適用されない

不動産投資の種類と利点、欠点⑦トランクルーム投資

トランクルーム投資とは、さまざまなものを保管できる場所であるトランクルームを購入、建設し、第三者に貸し出して収入を得る不動産投資の種類を言います。
トランクルームは、事業者が普段使用しない書類や設備を保管する際、個人が普段使用しないレジャー用品などを保管する際などに使用します。
トランクルーム投資の利点、欠点は以下の通りです。

利点
・諸経費がかかりにくいため、利回りが高い
・予算に合わせて始めやすい
・ターゲットの幅が広い

欠点
・成熟した市場ではないため、稼働率が上がるまでに時間がかかる
・新規参入者が多く、今後供給過多になる可能性がある
・税制面の優遇が少ない

不動産投資の種類と利点、欠点⑧テナントビル投資

テナントビル投資とは、主にオフィスビルを購入し、事業者や店舗に向けて部屋を貸し出すことで、収入を得る不動産投資の種類を言います。
“商業ビル投資”とも呼ばれています。
テナントビル投資には、以下のような利点、欠点があります。

利点
・住居よりも高い賃料設定をしやすい
・修繕や原状回復の負担が少ない

欠点
・空室が出た場合、次の入居者が決まるまでに時間がかかる
・オフィスビルを一棟購入する場合、莫大な初期費用がかかる

自身に最適な不動産投資を選ぼう!

不動産投資には、ありとあらゆる種類がありますが、1つとして完璧な不動産投資は存在せず、すべての投資家に向いている不動産投資も存在しません。
そのため、自身の身の丈に合った不動産投資を選ばないことには、成功はないと言えます。
資金に大きな余裕がある方、あるいはすでに不動産投資をしたことがある方などには、一棟を丸ごと購入する集合住宅投資や、テナントビル投資などがおすすめです。
逆に、資金にそれほど余裕がない方や、初めて不動産投資を行うという方などには、比較的参入しやすい駐車場、駐輪場投資や、トランクルーム投資などをおすすめします。

不動産投資の種類を選ぶ際は立地も考慮すべき

不動産投資の種類を選ぶ際に、費用のことを考慮するのはもちろんのことですが、立地に関しても十分に考慮しなければいけません。
例えば、駐車場、駐輪場付の賃貸物件が多いエリアで、駐車場または駐輪場投資を始めたり、観光地から遠く離れたエリアで民泊投資を始めたりしても、大きな成果は得られないことが予想されます。
もちろん、周辺環境について事前にしっかりチェックし、勝算があるのであれば、そのような不動産投資を行っても構いません。

まとめ

ここまで、不動産投資の種類と、それぞれの不動産投資における利点、欠点について解説してきました。
今回は、それぞれの不動産投資の利点、欠点について、簡潔に解説しただけのため、実際始めるとなると、もっと深掘りして知識を得なければいけません。
ただ、中にはハードルがそれほど高くないものもあるため、始められそうなものから、無理のない程度に始めていきましょう。

 

こんな記事も読まれています