長い期間、安定した収入を得ることができる投資法として、多くの方が実践している不動産投資。
そんな不動産投資には、運用の大半を専門家に任せられるという利点もありますが、もっと質を高めるためには、やはり不動産のオーナー自身の工夫が必要になります。
今回は、具体的にどんな工夫をすべきなのかについて解説します。

不動産投資の質を上げるための工夫①綿密な収支計画を立てる

不動産投資の質を上げるためには、不動産の購入前に、オーナー自身が綿密な収支計画を立てる必要があります。
つまり、年間に想定される賃料収入を物件の価格で割ったいわゆる“表面利回り”ではなく、不動産に関する税金、修繕費用、管理費用などのコストも考慮した“実質利回り”を参考に、物件を購入すべきだということです。
そうすることで、不動産投資を始めた後、思惑通りの収入を得られる可能性が高くなります。
また、不動産を購入する前だけでなく、運用をスタートさせた後も、定期的に収支状況を見直す必要があります。

不動産投資の質を上げるための工夫②さまざまな知識を身に付ける

不動産投資の質を上げるためには、さまざまな知識を身に付けるという工夫も必要でしょう。
冒頭でも触れたように、不動産投資は、管理会社などの専門家に運用を任せることができますが、オーナー自身にまったく知識がなければ、質は向上しません。
例えば、綿密な収支計画を立てるのであれば、財務や経営、法律などの知識が必要になりますし、購入する不動産については、そのエリアの人口増減、都市計画などをリサーチする必要があるため、リサーチに関する知識も身に付けなければいけません。
もっと言えば、不動産は経済の影響を多分に受けるものであるため、不動産投資の質を上げたいのであれば、経済の関する知識も必要になるでしょう。

不動産投資の質を上げるための工夫③成功した方の体験談を聞く

不動産投資の質を上げるためには、成功した方の体験談を聞くという工夫も必要です。
さまざまな知識を独学で身に付けるのももちろん良いですが、成功した方の話を聞くことで、より実践的で具体的な知識が得られます。
不動産投資家の方や、不動産会社などが開催しているセミナーに足を運べば、とてもためになる体験談を聞くことができるでしょう。
また、セミナーによっては、質疑応答の時間があったり、終了後に個別相談を承っていたりすることもあるため、ぜひ活用するべきです。
ちなみに、セミナーの後に行われる個別相談に関しては、有料のものもあります。
それでも、セミナーの内容が充実したものである場合、多少の勉強代は惜しまず、個別相談で悩みを聞いてもらったり、アドバイスをしてもらったりするべきでしょう。

不動産投資の質を上げるための工夫④信頼できるパートナーを見つける

不動産投資の質を上げるにあたって、信頼できるパートナー、つまり不動産会社や管理会社などの存在は、とても大きいです。
例えば、取引実績が豊富な不動産会社・管理会社、不動産投資の利点と欠点の両方を説明してくれる不動産投資・管理会社は、信頼性が高いです。
また、兼業投資家の場合、どうしてもそのような専門家に不動産の運用を任せがちになります。
そのため、入居者を集める能力に優れていたり、トラブルへの対応が迅速であったりするかどうかも、パートナーを選ぶ際にはチェックするべきでしょう。

まとめ

ここまで、不動産投資の質を上げるために、不動産のオーナー自身がするべき工夫について解説してきました。
不動産投資は、確かに長期間収入を得られる素晴らしい投資法ですが、ある程度オーナー自身の工夫がないと、失敗する可能性は高くなってしまいます。
これは、もちろん不動産以外の投資法にも言えることであるため、他の投資法を併せて実践しようとする方も、心に留めておいてください。

 

こんな記事も読まれています