「不動産売却前に価格査定サービスを利用したいけど、個人情報を入力したくない…」
このように考える方は多いでしょう。
ただ、ネット上の一般的な価格査定サービスでは、物件の情報だけでなく、利用者の氏名や電話番号も入力しなければいけないケースが多いです。
そんな方におすすめなのが、“匿名査定”です。

不動産売却前に行う“匿名査定”の概要

不動産売却前に行う匿名査定とは、その名の通り匿名で利用できる価格査定サービスのことを言います。
具体的には、メールアドレスを除く個人情報を入力しなくとも、不動産の価格を査定してくれるサービスのことを指します。
不動産があるエリアや規模、マンションであれば階数などを基に、条件が似ている物件の売却事例から、価格を査定してくれます。
利用する価格査定サービスが、悪徳業者が運営するものであった場合、入力した個人情報が悪用される可能性は否定できません。
したがって、そのようなリスクをなるべく減らしたいという方にとっては、とても良いサービスだと言えます。

不動産売却前に行う匿名査定の利点とは?

不動産売却前に行う匿名査定最大の利点は、やはり先ほども触れたように、個人情報を知られることなく、不動産の価格を査定してもらえるという点です。
また、個人情報の入力が求められる価格査定サービスの場合、不動産会社に情報が伝わってしまい、「うちで不動産を売りませんか?」という電話が多くかかってくることもありますが、こちらはサービスにはその心配もありません。
そして、一般的な価格査定サービスと比べて、個人情報を入力しなくていい分、単純に早く価格を査定してもらえるというのも利点と言えるでしょう。

不動産売却前に行う匿名査定の欠点とは?

一方、不動産売却前に行う匿名査定には欠点もあります。
まず、匿名査定で弾き出される不動産の価格には、現地の状況が反映されていません。
これは、一般的な価格査定サービスにも同じことが言えますが、一般的な価格査定サービスの場合、複数の不動産会社にネット上で価格査定をしてもらった後、基本的には訪問査定を行うという流れになります。
したがって、最終的には、現地のさまざまな状況が反映された査定価格を提示してくれます。
しかし、匿名査定の場合、個人情報を入力していないため、その後の訪問査定は行われず、大まかなデータが反映された査定価格しか算出してもらえないのです。

匿名査定で算出された不動産価格はあくまで参考程度に考えておこう

不動産売却前に行う匿名査定は、査定価格の正確性よりも、どちらかと言うと利用の気軽さを重視しているサービスです。
したがって、匿名査定で算出された不動産価格は、あくまで参考程度に考えておきましょう。
その価格で売却できると考えてしまうと、訪問査定でより正確性のある不動産価格を提示してもらったときに、ショックが大きくなることが予想されます。
もちろん、匿名査定で算出された不動産価格が、まったくあてにならないわけではありません。
そのため、本格的に不動産売却を検討してない方が、「自分の不動産、どれくらいで売れるんだろう?」と気になったときなどには、とても便利になります。
正確性より気軽さが重視されていると言っても、しっかりとデータに基づいて算出された査定価格のため、そこは勘違いしないようにしましょう。

まとめ

不動産売却前に行う匿名査定の概要、そして利点と欠点について解説してきましたが、いかがでしたか?
匿名査定は、個人情報を知られずに不動産価格を査定してほしい方にとっては有意義なサービスですが、査定価格により正確性を求める方にとっては、少し物足りないサービスだと言えます。
それでも、不動産売却前に、自身の不動産における大体の価格を知っておくことは重要なため、利用して損はないでしょう。

 

こんな記事も読まれています