近年、不動産売却をするにあたって、“ホームステージング”というものを活用される方が増加しています。
このサービスを活用すれば、より良い条件で不動産を売却できる可能性が高くなるためです。
したがって今回は、そんなホームステージングを活用した不動産売却について解説します。

“ホームステージング”の概要

ホームステージングとは、売却する不動産の内装に工夫を施すことで、価値を上昇させるサービスのことを言います。
具体的には、内見に訪れた購入希望者に好印象を持ってもらうために、新しいインテリアを設置して豪華に見せたり、内装を白系の色に統一させて清潔感、明るさをアピールしたりします。
日本ではそれほどポピュラーなサービスではありませんが、欧米諸国では“ホームステージングと不動産売却はセット”と言えるほど、当然のように活用されています。

ホームステージングを活用して不動産売却をする利点について

ホームステージングを活用した不動産売却には、主に以下のような利点があります。

売却する不動産の差別化を図ることができる
ホームステージングを活用すれば、周辺にあるライバルとなる不動産との差別化を図ることができ、売買契約の成約率を上げることができます。
同じような間取り、立地、価格の物件であっても、やはり清潔感や明るさ、豪華さが感じられる不動産の方が、購入希望者の目には魅力的に映ります。

購入希望者が集まりやすくなる
ホームステージングを活用することで、購入希望者が集まりやすくなります。
不動産会社が掲示、掲載する不動産広告において、ホームステージングのサービスを受けた後の写真を使用すれば、魅力的に感じてくれる購入希望者の増加が期待できるためです。

このようにホームステージングを活用して不動産売却をすれば、通常の売却と比べて非常に有利になります。
特に“購入希望者は現れるけど、なかなか売買契約が成立しない”というような不動産を所有する方にとっては、とても効果的な戦略だと言えます。

ホームステージングを活用して不動産売却をする欠点について

ホームステージングを活用した不動産売却には、ハッキリ言ってほとんど欠点がありません。
ただ唯一の欠点は、通常の不動産売却よりもコストがかかるという点です。
どれくらい内装に工夫を施すのかにもよりますが、一般的には15~30万円程度の費用がかかるため、利用する際は把握しておかなければいけません。
またホームステージングは、売却する不動産の価格に対して、上記の費用を上乗せしても、売却できるであろうと判断できる際にのみ、活用するようにしなければいけません。
つまり、現時点の価格では売れる可能性が低いと判断される不動産の場合、ホームステージングの費用が上乗せされると、より売却できる可能性が下がってしまうということです。
ただ不動産会社の中には、一定の条件を満たす場合のみ、ホームステージングにかかる費用を負担してくれるというところもあります。
例えばその不動産会社と専属専任媒介契約を結び、売却する不動産の価格が○○万円以上という条件をクリアすれば、無料でホームステージングができるというようなケースです。
ただこのようなケースは極めて稀なため、基本的には先ほど紹介した程度の費用がかかると考えておきましょう。

まとめ

ホームステージングを活用した不動産売却について解説しましたが、いかがでしたか?
ホームステージングはコストがかかるサービスではあるものの、少しの工夫で不動産の売却活動がしやすくなる可能性があるため、ぜひ1度活用を検討してみましょう。
ただもちろん、ホームステージングを活用したからといって、必ずしも不動産が売却できるというわけではありません。
したがって、あくまで売り手の工夫の一環と考えておきましょう。