一般的に不動産売却と言えば、不動産業者に依頼して買い手を探してもらい、見つかった買い手に対して不動産業者を介して行うものです。
ただ不動産売却は、必ずしも不動産業者を介さなければいけないわけではありません。
したがって今回は、不動産業者を介さずに行う不動産売却について詳しく解説します。

不動産業者を介さずに行う不動産売却の利点について

不動産業者を介さずに行う不動産売却には、以下のような利点があります。

・手数料が無料
当然のことですが、不動産業者を介さずに不動産売却をする場合、一般的な不動産売却において必要な手数料が無料になります。
不動産売却における仲介手数料は、400万円以上の物件に対して“税抜の物件価格×3%+60,000円”という式で算出され、さらにそこに消費税が上乗せされます。
したがって、例えば数千万円単位の不動産を売却する場合であれば、100万円以上の手数料を支払わずに済むことになります。
これが、“不動産業者を介さずに行う不動産売却は得をする”という認識が多い1番の理由です。

・売却までの流れがスムーズ
不動産業者を介さずに行う不動産売却は、売却までの流れがとてもスムーズです。
一般的な不動産売却の場合、まずは複数の業者に査定額を提示してもらい、その中から依頼する不動産業者を決定するところから始まります。
またその後は不動産業者と打ち合わせをしながら、購入希望者が見つかるまで売却活動をしてもらい、購入希望者が見つかったらようやく内見や交渉などに移ることができます。
もちろん購入希望者との売買契約が、必ずしも成立するとは限りません。
一方、不動産業者を介さずに行う不動産売却の場合、まず不動産業者選びという手間を省くことができます。
またすでに買い手が決定している場合、買い手を探すという手間もなくなるため、売却までに行う手続きは圧倒的にこちらの方が少ないです。

不動産業者を介さずに行う不動産売却の欠点は?

前述の利点だけを見ると、不動産業者を介さずに行う不動産売却は、とても得をする方法のように感じるかもしれません。
ただ不動産業者を介さずに行う不動産売却には、利点を上回るほどの欠点があります。
具体的には以下の通りです。

・売却後のトラブルが発生しやすい
不動産業者を介さずに行う不動産売却最大の欠点は、売却後のトラブルが発生しやすいという点です。
適切な不動産売買を行うためには、膨大な量の知識を身に付けなければいけません。
したがって、専門家ではない売り手と買い手とで行われる不動産売買では、どうしてもさまざまなリスクを見逃しがちになってしまいます。
司法書士などの専門家に契約書を作成してもらえば、まだトラブルは防ぎやすくなりますが、そうするのであれば、初めから不動産業者を介して不動産売却をする方が良いでしょう。

・交渉をされやすくなる
不動産業者を介さずに行う不動産売却における買い手は、親戚や知人など、ある程度気心が知れている人物、お互いに人となりがわかっている人物になるケースが多いです。
したがって、不動産業者を介して行う不動産売却と比べて、遠慮なく価格交渉などをされるケースも増えるでしょう。
また買い手との関係によっては、強引な価格交渉も断りにくいケースがあり、結果的に希望よりかなり低い価格での売却となってしまうことも考えられます。
つまり、手数料を節約できても、その金額以上に売却価格が低くなってしまう可能性もあるということです。

まとめ

“不動産業者を介さずに行う不動産売却は得なのか?”というテーマで、あらゆることを解説してきました。
結論を言うと、不動産業者を介さずに行う不動産売却は、総合的に考えると決して得ではありません。
確かに手数料はかかりませんし、売却もスムーズに行えますが、その反面トラブルの発生や売却価格の低下に関するリスクは非常に高いです。