高齢者の方が多いエリアに住まわれている方が不動産を売却する場合、必然的にターゲットが高齢者の方になる可能性は高くなります。
したがって今回は、高齢者の方をターゲットにした不動産売却とはどんなものなのかについて、具体的に解説します。
ぜひ参考にしてください。

高齢者の方が住みやすい住宅について考えてみよう

着々と高齢化が進む現代では、公共施設だけでなく、住宅においてもバリアフリー化が求められるケースが増えています。
バリアフリーとは、高齢者の方、または障害を持っている方にとって、物理的もしくは精神的障害となるものを取り除くことを言います。
またこれと似たようなものに、“ユニバーサルデザイン”というものがあります。
ユニバーサルデザインとは、高齢者の方や障害を持っている方だけでなく、“すべての人”にとって便利なデザインのことを言います。
特別な設備などを導入することも多いバリアフリー化と比べて、ユニバーサルデザイン化は比較的安価で行えるため、高齢者の方をターゲットにするのであれば、売却する不動産のユニバーサルデザイン化を進めることをおすすめします。
またユニバーサルデザイン化を行えば、“高齢者世帯”だけでなく、“高齢者の方と同居するファミリー世帯”などもターゲットにしやすくなります。

高齢者の方をターゲットにした不動産売却において有効なユニバーサルデザイン化の具体例

では高齢者の方をターゲットにした不動産売却において、効果的な取り組みとなるユニバーサルデザイン化とは、具体的にどんなものなのかについて見ていきましょう。

・手すりの設置
18cmを超える玄関の上がりがまち、または浴室の入口には、縦型の手すりを設置しましょう。
またトイレの壁には、横型の手すりを設置すると効果的です。

・フラットレールの設置
売却する不動産に引き戸がある場合、敷居の段差をなくすためにフラットレールを設置しましょう。

・ドアノブをレバーに変更
掴んで回すタイプのドアノブは、握力が強くない高齢者の方にとって、少し使い勝手の悪いものになります。
したがってそのようなドアノブは、握力が強くなくても開けやすいレバーに変更しましょう。

・水道のレバーを変更
水道のレバーも、通常の掴んで回すタイプではなく、“シングルレバー”という上下に動かして使用するものに変更することをおすすめします。

・スイッチのサイズを変更
電気のスイッチを大きなサイズにすることで、力が強くない高齢者の方でも楽に使用できます。

その他の高齢者の方をターゲットにした不動産売却のポイント

高齢者の方をターゲットにした不動産売却を成功させたいのであれば、ユニバーサルデザイン化を施すだけでなく、周辺環境のアピールも欠かさずに行うべきでしょう。
高齢者の方にアピールできる周辺環境には、主に以下のようなものが挙げられます。

・駅、バス停が近い
・病院が近い
・ショッピング施設が近い
・介護施設が近い

高齢者の方の中には、すでに身体が不自由である方もいるため、普段使いする駅やバス停、病院やショッピング施設が近い場合は、大きなアピールポイントになります。
また今後のことも考えると、介護施設が近くにある場合も、メリットとしてアピールすることをおすすめします。
もし上記の周辺環境を満たしていない不動産を売却する場合は、できる限りユニバーサルデザイン化を行い、住居の快適さを最大限にアピールしましょう。

まとめ

高齢者の方をターゲットにした不動産売却について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
最初に少し触れましたが、住居のユニバーサルデザイン化を行うことによって、高齢者の方以外にとっても住みやすい住宅となるため、売却の幅は広がりやすくなるでしょう。
また不動産を売却する場合だけでなく、賃貸物件として貸し出す場合でもユニバーサルデザイン化は有効なため、ぜひ1度検討してみてください。