少しでも自身が所有する不動産の売却価格を上げたい方は、今回解説する4つのポイントを必ず押さえましょう。
すべてのポイントを押さえることができれば、ほぼ確実に不動産の売却価格はアップします。
人生で不動産を売却する機会はそう何度もないため、後悔のない不動産売却を心掛けてください。

不動産の売却価格を上げるための4つのポイント①自分で情報を集める

不動産の売却価格を上げるには、まずできるだけ自分で情報を集めるようにしましょう。
自分で情報を集めることによって、少しずつ必要な情報と不必要な情報の線引きがしやすくなっていきます。
逆に最初から不動産仲介業者や専門家に頼りっきりになってしまうと、必要な情報と不必要な情報の線引きがしにくくなり、混乱を招いてしまいます。
不動産仲介業者や専門家から得る情報は、“すべて正しいものだ”と思いこんでしまいやすいためです。
もちろん、自分で情報を集めると言っても、自身にとって良い情報ばかり集めていても意味がありません。
自身にとって不利な情報も集めながら、自身が売却しようとする不動産を第三者の目線から見て、どれくらいの価格で売れるのかを冷静に分析することが重要です。

不動産の売却価格を上げるための4つのポイント②優良な不動産仲介業者を見つける

不動産の売却価格を上げるためには、優良な不動産仲介業者の存在も欠かせません。
できるだけ自分で情報を集めることで、必然的に優良な不動産仲介業者が見つかる可能性は高くなります。
ただ不動産仲介業者の良し悪しを判断するタイミングは、実際会って話を聞いてもらった後です。
以下のステップを踏めば、優良な不動産仲介業者を味方に付けられる可能性は高くなります。

・複数の不動産仲介業者への査定依頼
・各不動産仲介業者の査定価格の比較
・自身で分析した売却価格との比較
・直接会って話を聞いてもらう不動産仲介業者の決定(複数)
・直接会ったイメージや対応力の比較
・依頼する不動産仲介業者の決定

不動産の売却価格を上げるための4つのポイント③売却にかかるコストを把握する

不動産の売却価格を上げるためには、不動産の売却にかかるコストを把握しておくことも大切です。
不動産売却にかかるコストの中には、つい計算に入れ忘れがちなコストがいくつかあります。
リフォームにかかるコストや測量にかかるコストなどは、その典型と言えるでしょう。
もちろん仲介手数料や印紙税、不動産譲渡所得税などのコストがかかることも、しっかり把握しておかなければいけません。
つまり、コストを把握していれば売却価格が上がるというよりかは、“コストを把握していなければ損をした気持ちになる”ということです。

不動産の売却価格を上げるための4つのポイント④許容できる下限価格を設定する

不動産の売却価格を上げるには、“許容できる下限価格”を設定しておきましょう。
不動産を売却する際は、必ず自身の売却希望価格を設定し、不動産仲介業者に伝えることになります。
ただなるべく売却価格を上げたいのであれば、希望価格だけでなく、許容できる下限価格も設定しておくことをおすすめします。
許容できる下限価格を設定し、その価格以下では売却しないようにすれば、もし希望価格よりも低い売却価格になってしまったとしても、想像以上に低い価格で売却しなければいけない状況は回避できます。

まとめ

これから不動産を売却する方は、今回解説した4つのポイントをすべて押さえることによって、売却価格を上げられるように努めましょう。
冒頭でも触れたように、人生において、不動産売却をする機会はそう多くありません。
人生で1回あるかないかのライフイベントが、不動産売却です。
したがって、不動産売却にたっぷり時間をかけ、しっかり売却価格を上げるための工夫をすることは、至極当然のことだと言えるのです。