408{icon} {views}

不動産売却に踏み切る理由は、人によって異なります。
また不動産売却に踏み切る理由によって、売却時に気を付けることも異なります。
したがって今回は、不動産売却時に気を付けることについて、売却理由別に解説します。
これから不動産売却に踏み切ろうとする、多くの方に参考にしていただければ幸いです。

不動産売却時に気を付けることについて売却理由別に解説①住み替えの場合

まずは、住み替えが理由の不動産売却時に気を付けることについて解説します。
住み替えが理由の不動産売却時は、現在居住している家を売るタイミング、そして新しい家を買うタイミングに気を付けましょう。
住み替えが理由の不動産売却を行う方の中には、先に現在居住している家を売り、その売却で得た資金を新しい家の購入費用に充てようと考えている方も多いです。
ただ安易に現在居住している家を売ってしまうと、なかなか新しく購入する家が決まらないという状況になったときのリスクが大きくなります。
たとえ新しく購入する家が決まっていなくても、先に売却してしまっている場合、引渡しまでにはその家から出なければいけないためです。
したがって、住み替えが理由の不動産を行う場合は、安易に現在居住している家を売らず、先に新しい家を購入するようにしましょう。
もちろんそのためには、事前に購入資金を確保しておく必要があります。

不動産売却時に気を付けることについて売却理由別に解説②使用しない空き家の売却の場合

使用しない空き家があることを理由に、不動産売却に踏み切る方もいます。
親から家を引き継いだのはいいものの、自身の家はまた別のところにあるため、使用する人物がおらず、売却に踏み切るというようなケースですね。
親から引き継いだ家などの場合、心理的になかなか売却を決断できないという方も多いですが、空き家は所有し続ければし続けるほど、無駄なコストがかかり続けます。
したがって使用しない場合は、なるべく早く売るべきなのですが、空き家であればいつでもすぐ売れるとは限りません。
なぜかと言うと、空き家を売却する場合は、登記上の名義を変更しなければいけないためです。
つまり、引き継いだ家が親の名義のままになっている場合、すぐにその空き家を売却することはできないということです。
したがって空き家は、使用しないとわかった時点で、早めに自身の名義に変更しておき、いつでも売却できるようにしておくことをおすすめします。

不動産売却時に気を付けることについて売却理由別に解説③不振の賃貸物件の売却の場合

不動産売却に踏み切る方の中には、なかなか利益を上げられないことを理由に、賃貸物件を売却する方もいます。
賃貸物件を売却する場合は、まずその賃貸物件における入居者に退去してもらえるかどうかについて考えなければいけません。
入居者に退去してもらえるかどうかの交渉は、基本的に法律に基づいて行われますが、転居費用を負担するなどして、入居者に退去してもらうというケースもあります。
また、もし入居者が退去してくれない場合は、その入居者に賃貸物件の買い手になってもらうという選択肢もあります。
ただこの方法で賃貸物件の売却に成功するケースは稀なため、できるだけトラブルに発展しないように入居者に告知し、金銭を補償して退去してもらうことを考えるべきでしょう。

まとめ

不動産売却時に気を付けることについて、売却理由別に解説しました。
今不動産の売却を検討している方の多くは、上記3つのいずれかの理由で売却を検討していることが予想されるため、自身はどれに当てはまるのかを必ずチェックしておき、対策を取っておきましょう。
不動産売却の計画が狂ってしまい、売却までの期間が長期化すると、経済的、精神的、肉体的な負担は増加するため、注意が必要です。