底地(貸宅地)の現金化を考えている地主様は、主にこれから解説する3つの方法のいずれかを選択することになります。
1つ目は“借地人様に譲渡する”という方法、2つ目は“第三者に譲渡する”という方法、そして3つ目は“買い取り業者に譲渡する”という方法です。
今回は、これらの方法のポイントについて解説します。

底地(貸宅地)の現金化の各方法のポイント①借地人様に譲渡する場合

借地人様に譲渡をして、底地(貸宅地)を現金化する場合のポイントとしては、まず“借地人様における利点を整理しておく”という点が挙げられます。
借地人様が底地(貸宅地)を買い取ったとき、借地人様にどんな利点が生まれるのかを整理しておけば、地主様は借地人様を説得しやすくなるためです。
ただ借地人様の中には、すぐに資金を用意できないなどの理由で、底地(貸宅地)の買い取りを拒否する方も多いです。
それでも底地(貸宅地)を現金化したいという地主様は、そこですぐに引き下がらず、こちらから価格交渉をしたり、譲渡代金の長期分割払いなどを提案したりしてみましょう。
借地人様にとって利点がある、そして買い取りにかかる費用も高くないとなれば、借地人様が納得してくれる可能性は高いです。
また借地人様に譲渡して底地(貸宅地)を現金化するのであれば、上記のような方法がうまくいくように、日頃から良い関係性を保っておくことも重要です。

底地(貸宅地)の現金化の各方法のポイント②第三者に譲渡する場合

第三者に譲渡することで、底地(貸宅地)の現金化を目指すのであれば、“投資家にターゲットを絞る”という方法が効果的です。
底地(貸宅地)は権利関係が複雑なため、本来譲渡は難しいとされています。
ただ底地(貸宅地)には、空室リスクがない、安定した長期収入が得られる、維持管理の手間がかからないといったように、投資物件としての利点が数多く存在します。
したがって、投資家に対してこのような利点をアピールすれば、第三者への譲渡による底地(貸宅地)の現金化は成功しやすくなるでしょう。
また投資家にターゲットを絞る場合、事前に底地(貸宅地)における土地賃貸借契約がしっかり書面で保管されているかどうか、そして土地の借地部分がハッキリしているかなどをチェックすることで、投資家が安心して底地(貸宅地)を買い取ってくれやすくなります。

底地(貸宅地)の現金化の各方法のポイント③買い取り業者に譲渡する場合

買い取り業者に譲渡して、底地(貸宅地)を現金化する場合、“なるべく早く査定、買い取りをしてくれる業者を選ぶ”という方法を実践しましょう。
買い取り業者への譲渡は、前述した2つの方法よりもスムーズに事が進む可能性が高いです。
ただ買い取り業者への譲渡の場合、借地人様や投資家に譲渡する場合と比べて、譲渡価格が安くなりがちです。
買い取り業者は、安く底地(貸宅地)を手に入れ、借地人様に提供することで利益を得ているため、これは致し方ないことです。
したがって、買い取り業者への譲渡で底地(貸宅地)を現金化するのであれば、“高く譲渡できる方法”ではなく、“早く譲渡できる方法”を選ぶ方が賢明だと言えます。
そしてそのためには、なるべく早く査定、買い取りをしてくれる業者を選ぶべきです。
複数の買い取り業者の中から、他の買い取り業者との査定価格の開きが少なく、なおかつ迅速に査定をしてくれた買い取り業者を選べば、素早く適正価格で譲渡できるでしょう。

まとめ

底地(貸宅地)の現金化における、各方法のポイントについて解説しました。
これらのポイントを知っていれば、どの方法で底地(貸宅地)を譲渡する場合でも、比較的スムーズに現金化に繋げられるでしょう。
また今のところ底地(貸宅地)を現金化する予定がない地主様も、将来の現金化に備えて、各方法のポイントをチェックしておくことをおすすめします。