不動産売却を検討している方の中には、自身が所有するマンションの売却を考えている方もいるでしょう。
ただ実は近年、マンションは少し売却しにくい傾向にあります。
今回はなぜマンションが売却しにくい傾向にあるのか、その理由と対策について解説していきたいと思います。

マンションが売却しにくい傾向にある理由とは?

さまざまな要素が絡み合ったことによって、近年マンションは少し売却しにくい傾向にあります。
主な理由は以下の通りです。

・価格が高くなっている
マンションが売却しにくい傾向にある理由として、まずマンション全体の価格が高くなっていることが挙げられます。
近年は2020年に開催される東京オリンピックに向けて、投資家たちによる日本の不動産に投資する動きが加速しています。
そのためマンションの価格も上がりやすくなり、なかなか売却に至らないというケースも増加しています。
つまり不動産業界が好調なあまり、マンションに多くの需要が見込まれるようになり、価格が高騰して売却しづらくなっているということです。
もちろん需要が多いということは、売却価格をアップさせられる可能性も高いと言えますが、これまでよりも買い手は限定されてしまいます。

・投資家以外の需要が少ない
マンションが売却しにくい傾向にある理由としては、投資家以外の需要が少ないということも挙げられます。
日本は年々少子高齢化の状況が顕著になっており、これまでよりも一般層がマンションの購入を考える機会が少なくなっています。
そのため不動産業界が好調とは言っても、投資家にとって需要が少ないエリアでは、多くのマンションが売れ残っているというのが現実です。
また少子高齢化はこれからもどんどん顕著になっていくことが予想されるため、マンションの売却はさらに難しくなるでしょう。

マンションは売却しにくい傾向にある!打破するための対策は?

これからマンションの売却を検討する方は、マンションが売却しにくい傾向になっているという現実を真摯に受け止め、その状況を打破するための対策を取らなければいけません。
マンションの売却を検討する方にとって1番避けなければいけないのは、マンションが売却できず、売れ残ることによって売却価格がどんどん下降していくという状況です。
そのような状況にならないための対策には、以下のようなものが挙げられます。

・売却価格を低く設定する
マンションは売却しにくい傾向にあるため、その状況に1番手っ取り早く対処するには、やはり売却価格を低く設定するべきでしょう。
売却価格を下げる場合、最初に価格を設定して売りに出してから、半年までに売却できなかったときを目安に考えます。
自身の希望通りの価格で売却できないのは不本意ですが、売れ残ることによって売却価格がどんどん下降するよりはまだマシだと言えます。

・土地売却に切り替える
マンションの状態でなかなか売却できないのであれば、思い切ってマンションを取り壊し、土地売却に切り替えるという選択肢もあります。
先ほども解説したように、近年日本では投資家による不動産投資の動きが加速しています。
したがってマンションではなく土地だけを売却することによって、投資家の不動産投資における選択肢は広がるため、多少は売却しやすくなるでしょう。
マンションとしての売却にこだわりすぎて、最終的な売却価格が土地だけの売却価格よりも低くなってしまうという状況は避けられるように、早めに判断することが重要です。

まとめ

マンションが売却しにくい傾向にある理由、そしてマンションを売却するための対策について解説しました。
マンションはさまざまな理由で売却しにくい傾向にあり、そしてこれからもその傾向は継続することが予想されます。
したがってこれからマンションの売却を検討する方は、“マンションを高く売ること”を成功と考えず、“マンションを売ること”を成功と考えて行動すべきでしょう。

 

こんな記事も読まれています