突然生じた土地の売買であっても、そのことで利益が発生したケースには、給料などの所得に、その土地の売買で出た所得を合わせたものが、その年度の「所得」ということです。その「所得」を基として住民税などが計算されますので、売買した翌年はこれまでの住民税なども、グンと高くなるのが実情です。ですから大きな税額に驚かない様な身構えも大事になってきます。

不動産売却時に税金が課税される知識と税種?!

1.知識
税金に関しては、不動産の種類や面積などの諸々の条件によって税額が変わるように一般的にはそうなっています。「税務署に事後報告しよう!」などと考えるかもしれませんが、実際譲渡するタイミングによっても税額が変動するので、売却する以前からだいたいのことは税金について知っておくことが重要でもあります。

2.税種
不動産を売却して儲けが生じたケースでは、その儲けを譲渡所得として所得税と住民税が課せられるように普通なっています。この譲渡所得にあたって税金は、事業所得や給与所得と切り離して考えることから、分離課税と一般的に言われています。

不動産売却時に知っておくべき譲渡の特例

不動産を売却したケースに、複数の税金が発生しますが、特に「譲渡所得税・住民税」は、思っていたよりも税額が高くなることが考えられます。そこで、相続した不動産を売却した際に用いれる譲渡の特例を利用して、最大限に「譲渡所得税・住民税」の支払いをセーブできるような対策も必要になってきます。

不動産を売却した翌年の確定申告

相続した不動産を売却するには名義変更、相続税の申告・納税が必須であり、それを終えると売却できるシステムです。そこで、不動産を売却して儲けが生じた場合、その儲けが前途でもお話した通り、譲渡所得となり譲渡所得税・住民税の納税が発生します。これに関して、売却の年の翌年決まった期間までに、確定申告をして納税する必要があります。

最後に税金がグンっと高くなる理由

結論、突然生じた不動産の売買であっても、それで儲けが出たケースには、給与などの所得に、その土地の売買で発生した所得を合わせたものが、その年度の「所得」と一般的にされています。その所得を基としてが計算されますので、売買した翌年はこれまでの住民税よりもグンと高くなります。なので高額な税額に驚かない様な身構えも大事になってきます。

 

こんな記事も読まれています