< Back

読み
いさんぶんかつきょうぎ
意味
共同相続人全員が集まり、遺産の分け方を話し合って決定する手続きのことをいう。相続が起こったとき、遺言者があればそれに従って遺産が分けられるが、遺言書がない場合や有効ではない場合は、法定相続人が法定相続分に応じて遺産を取得することが原則であるため、相続人が複数いれば、誰がどの遺産を相続するのかを決める必要がある。そのために遺産分割協議が行われる。
借地権を相続するときに、気を付けるべきことは?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行