< Back

読み
ついにん
意味
瑕疵のある不完全な法律行為を、後から完全に有効なものとするための意思表示をいう。無権代理人の法律行為について、本人の意思表示で本人について効果が生じる場合、無効の法律行為について、当事者が無効であると知った上で追認すれば、そのとき新たな行為をしたと見なされる場合、取り消すことのできる行為を一方的な意思表示によって確定的に有効とする場合などに認められる。
地代を供託所に預ける手続きの仕方について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行