< Back

読み
ちんたいじれいひかくほう
意味
不動産鑑定評価等において、不動産の賃料(地代)を求める手法の1つ。市場において現実に発生した賃貸借等を賃料判定の基礎とするもので、事例の不動産に求められる条件は、原則として、近隣地域または同一受給圏内の類似地域に存する不動産に係るものであることとされる。この手法によって求められた価格は「比準賃料」と呼ばれる。
地代の算出方法と土地の利用方法によって異なる相場

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行