< Back

読み
ちょうてい
意味
生活の中で生じる身近なトラブルや事業の立て直し、親族間の問題などの解決を目的に、裁判所の調停機関が間に入って話し合いをすることにより、適正、妥当な解決を図る制度のことをいう。底地(貸宅地)の賃料増額請求については、民事調停法が改正され、調停前置主義、つまり訴訟提起の前に民事調停を起こさねばならないことになっている。
地代が上がるポイントは大きく2つ有る

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行