< Back

読み
かぜいたいしょう
意味
税金の支払い対象となる財産のことをいう。相続においては、控除額の範囲内の相続であれば、相続税の課税対象にはならない。また、相続税の課税対象となる財産には、現金や有価証券、不動産や動産、各種権利や事業用資産、みなし相続財産が該当する。みなし相続財産とは、被相続人の死亡によって得られ、かつ現金に換えられるものをいい、具体的には、生命保険の死亡保険金などを指す。
売主必見!相続税の “取得費加算”について解説します!

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行