< Back

読み
そしょう
意味
紛争の当事者以外の第三者を関与させ、その判断を仰ぐことで紛争を解決すること、またはそのための手続きをいう。民事訴訟の分野において、「不動産訴訟」、すなわち土地、建物等不動産に関連する紛争についての訴訟は、金銭の支払いに関する訴訟と並んで、伝統的に民事訴訟全体の中で大きな比重を持ち、主要な地位を占めてきた。
地代が上がるポイントは大きく2つ有る

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行