< Back

読み
おやこぺあろーん
意味
親と子がそれぞれ住宅ローンを組むことで、単独の契約者では金融機関に断られるような金額や、有利な条件で融資を受けることをいう。つまり、1人でも住宅ローンは組めるが、親子で協力することによって、さらに大きな融資を引き出し、より良い物件の購入を目指そうとする方法である。親子が同時期に返済し、団体信用生命保険には親子ともに加入する。

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行