< Back

読み
ひょうじとうき
意味
不動産登記の表題部にされる登記のことをいう。不動産の特定を目的とする登記であり、土地については、所在や地番、地目や地積などが登記事項である。建物については、所在や家屋番号、種類、構造、床面積などが登記事項となる。不動産が新たに生じたとき、あるいは不動産に変更が生じたときには、その所有者あるいは登記名義人は登記の申請をしなければならない。
登記費用のすべてが譲渡費用扱いされないのはなぜなのか?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行